鎌倉の古民家を使用した上質な宿「古今(cocon)」2019年に誕生

神奈川県鎌倉に、2019年1月7日、由緒ある邸宅地に佇む古民家再生の上質な宿「古今(cocon)」がオープンします。

明治天皇により創建された「鎌倉宮」から徒歩すぐの場所にオープンする閑静な邸宅地の宿。

今回はこの、2019年1月7日、鎌倉にオープンする「古今(cocon)」の詳細について紹介します。

「古今(cocon)」2019年1月7日鎌倉に誕生!

ここん

出典 : https://www.kamakura-cocon.jp/

2019年1月7日に鎌倉に誕生する「古今(cocon)」は、由緒ある邸宅地に佇む、古民家再生の上質な宿で、ラグジュアリーな「食・寝・浴」が心身を解き放つ宿としてオープンするようです。

予約受付は公式サイトで2018年6月15日から既に開始されていますが、オープンは2019年1月7日です。

明治天皇により創建された「鎌倉宮」から徒歩すぐの場所に位置し、多くの史跡と豊かな緑に囲まれた品格漂う二階堂エリアにあります。

江戸時代から住み継がれてきた古民家をフルリノベーションしたこの宿は、築160年以上の歴史を感じながら味わう贅沢なステイで、心と身体にひとときの休息を与えてくれます。

スイート

出典 : https://www.kamakura-cocon.jp/

1日2組限定のこの宿は、木のぬくもりが心地よい空間に、快眠と快浴を追求し最新設備を完備したスイートルーム。

洗練されたインテリアで「和」と「洋」が調和するリビングに、畳で足をのばして寛ぐことができるお座敷の間、安らぎの寝室とバスルームが用意されています。

別荘のようなプライベートスペースでゆっくりと過ごすことができるので、広々としたスペースのスイートルームは、旅の疲れを癒すのにも最適な場所となることでしょう。

食事

出典 : https://www.kamakura-cocon.jp/

お食事は、身体にやさしいオーガニック料理が中心となるようで、さらに専属コンシェルジュのフルサポートで滞在をさらに快適にしてくれるようです。

この宿では、“「古」の趣に抱かれながら「今」の高質なサービスによる、最上級のおもてなしをご堪能いただけます。”とのこと。

バブルバス

出典 : https://www.kamakura-cocon.jp/

お風呂は、健康と美容に効果大の、極上のマイクロバブルバスを用意。

滞在中はいつでも利用可能なこのバスルームは、ミルクのような微細な泡が体を包み、血流を促進する効果があるようです。

高い温浴効果が得られる贅沢なバスタイムは、まるで貸切りの温泉のように自由に入浴することが可能です。

お部屋イメージ

出典 : https://www.kamakura-cocon.jp/

現在確認できるお部屋のイメージ図は、「古今メゾネットスイート101号室:88m2」と「蔵メゾネットスイート102号室:82m2」で、このような内装になるようです。

それぞれが定員4名で、リビング、ツインベッドルーム、和室、ミニキッチン、マイクロバブルバスを楽しめる24時間バス、トイレ(2か所)が完備されるようです。

オープンキッチン

出典 : https://www.kamakura-cocon.jp/

また、オープンキッチンを間近で見ることができるカウンター席で、ゆっくりと会話を楽しみながら食事を摂ることができるようです。

自然派イタリアンの巨匠・奥田政行シェフ監修の料理は、和やフレンチのテイスト、漢方などを取り入れた、旬の食材に彩られた、美しい一皿を愉しむことができるようです。

まだ、あまり情報は多くありませんが、きっと魅力的な宿としてオープンすること間違いなしです。

名称 鎌倉 古今(cocon)
所在地 神奈川県鎌倉市二階堂836 Google map
公式サイト https://www.kamakura-cocon.jp/

まとめ

いかがでしたか?

今回は、2019年1月7日、鎌倉にオープンする「古今(cocon)」について紹介してきました。

由緒ある邸宅地に佇む古民家再生の上質な宿「古今(cocon)」は、1日2組限定のラグジュアリーな「食・寝・浴」が魅力的な宿。

オープンした際は、是非一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。