大阪ビューホテル本町が2018年オープン!その魅力をご紹介

種類豊富な食べ物に個性的な人々が住まう大阪の本町にビジネスマンや旅行者向けのホテル「大阪ビューホテル本町」2018年5月22日にオープンしました。

全170室ある客室は種類に富んでおり、自分の目的や予算に合わせて事細かに設定が可能です。

さらにビューホテルグループが手掛けているので、上質なサービスに快適な空間は旅行・仕事の疲れを忘れてのんびりと過ごせます。

今回は、2018年5月22日にオープンした「大阪ビューホテル本町」の魅力について紹介します。

「日本ビューホテル」について

大阪ビューホテル本町を運営している日本ビューホテルグループは日本のホテル運営会社で、1880年に創業した歴史あるホテルグループです。

2018年現在では浅草成田札幌那須高原沖縄石垣島など観光地を中心にホテルを展開しています。

それぞれの地域の特色を生かした内装に上質なサービスがとても人気でリピーターも多く、国内での拠点を順調に増やしています。

そんな日本ビューホテルグループが新たにオープンしたホテルが大阪の中央区にある本町です。

本町は大阪の観光名所である大阪城や通天閣、ユニバーサルスタジオジャパンへのアクセスが良い場所です。

まさに大阪観光の拠点になる好立地は快適な旅行を楽しみたい方には絶好の場所と言えますね。

また、中央区本町は大阪駅も近いため、ビジネスマンも多く訪れて宿泊するので観光・仕事の両方で利用が可能なのです。

本町駅から徒歩2分という好立地にあり、大阪を一望できる夜景も魅力的で、大阪でニューオープンするホテルの中では特におすすめとなっています。

大阪ビューホテル本町の客室

出典 : https://www.viewhotels.co.jp/osaka/news/2018/003609.html

ホテルで一番気になるところと言えばやっぱり客室ですよね。

宿泊するホテルの客室が残念だと旅行の楽しみも半減してしまい、仕事で訪れてもなんだか疲れが溜まったままで快適な仕事が出来ません。

どうせ良いホテルに泊まるのであればふかふかのベッドに疲れをゆっくりと癒せるバスルーム、豊富なアメニティーが揃っていて欲しいものです。

大阪ビューホテル本町の総客室数はなんと170室もあり、全部で11タイプのお部屋を用意しています。

ビジネスマン向けのスタンダードタイプから学生グループでの宿泊に最適な3人部屋や高級感溢れるタイプまであります。

次はそんなこだわりある客室について詳しくご紹介します。

スタンダードタイプ

出典 : https://www.viewhotels.co.jp/osaka/news/2018/003609.html

大阪ビューホテル本町の客室の中で一番普通のタイプの客室で、ベッドがダブル・ツイン・トリプルの3タイプから選べます。

ホワイトを基調とした内装は清潔感に溢れており、気兼ねなく快適に過ごせます。

ダブルルームは全26室、ツインルームは64室、トリプルルームは26室となっています。

トリプルルームは3名固定なので、1~2名でのご旅行の場合はダブル・ツインのいずれかになります。

客室にはセーフティーボックスや冷蔵庫、スリッパ、お茶セット、ハンガー、テレビなど基本的なアメニティを揃えています。

バスアメニティも充実しており、ボディソープ・シャンプー・トリートメントはもちろん、歯ブラシ・カミソリ・くし・ドライヤーも用意があります。

ご自身のこだわりがあれば持参をおすすめしますが、特にない場合はホテルの用意しているアメニティで代用が可能です。

旅行の際にお荷物を少しでも減らしたいという方はぜひ豊富なアメニティをご利用ください。

スーペリアタイプ

出典 : https://www.viewhotels.co.jp/osaka/news/2018/003609.html

大阪ビューホテル本町の18階にある特別感あふれる雰囲気が自慢のスーペリアタイプは6室という限られた数となっています。

1~2名まで宿泊が可能なツインタイプから2~4名まで宿泊が可能なモダンジャパニーズタイプの2種類があります。

ツインルームは落ち着いた大人の空間となっていて、広々としたベッドルームは快適なひと時をお約束します。

18階に位置しているので大阪の夜景を一望できるので、夜にはムードが高まること間違いなし。

ぜひ大切な恋人とご宿泊ください。

2~4名まで宿泊が可能なモダンジャパニーズルームは和室をイメージして作られており、お部屋の中央には丸い卓袱台に座椅子が4つ並べられています。

洋風なテイストも忘れておらず、モダンで快適な独特の雰囲気を楽しめます。

家族での旅行ちょっと広いお部屋に宿泊したいという方には非常におすすめです。

プレミアムモダンジャパニーズルーム

出典 : https://www.viewhotels.co.jp/osaka/news/2018/003609.html

大阪ビューホテル本町の中で一番豪華で最大の広さを誇る客室です。

最上階だからこそ楽しめる眺望はこちらの客室でしか楽しめません。

スーペリアタイプのモダンジャパニーズルームのようにの良いところが組み合わさった高級感溢れる内装となっていますが、魅力はそれだけではありません。

天空の坪庭と題された観賞用のお庭が各部屋に備え付けられています。

部屋に居ながら和を感じられる坪庭は部屋ごとにテーマが違い、何度訪れても新鮮な雰囲気が楽しめます。

モダンな和と快適な客室、素晴らしい夜景を同時に楽しめるお部屋で極上のリラックス体験をしてみてはいかがでしょうか。

18~19階客室限定アメニティ

出典 : https://www.viewhotels.co.jp/osaka/news/2018/003610.html

18~19階の客室は他の客室とは一線を画す豪華さが魅力となっています。

内装・眺望だけに力を入れているのではなく、アメニティにもこだわりが詰まっています。

客室で快適に過ごせるようにバスローブがあるだけでなく、女性に嬉しいMIKIMOTOのスキンケアセットが用意されています。

もちろんバスアメニティもMIKIMONOのものを使用し、美を追求する方にはとても嬉しいサービスとなっています。

バスルームにはBluetooth対応のサウンドシステムが備え付けらえているだけでなく、浴室専用テレビもセットで付いています。

バスタブはジェットバスとなっていて、自分でジェットのON/OFF・強弱の調整が可能です。

豪華なバスアメニティを利用して日々の疲れをバスルームから癒しましょう。

また、イタリアの有名コーヒーブランド「イリー」のコーヒーマシンも備え付けられていますので、朝にはおいしいコーヒーを飲みながら優雅な時間をお過ごしいただけます。

大阪ビューホテルで楽しむ食事

出典 : https://www.viewhotels.co.jp/osaka/news/2018/003607.html

ホテルへ宿泊した際に欠かせないものと言えば食事ですよね。

大阪ビューホテルではディナーは行っておらず、朝食とランチのみの提供となっています。

朝食はビュッフェ形式となっていて、和洋中の全てを取り揃えた彩り豊かな朝食メニューはとても魅力的です。

他のビューホテルでも人気の野菜しゃぶしゃぶやとろろご飯もご用意していますので、ぜひビューホテルだからこそ楽しめる食事を味わってみてください。

ランチはホテル特性の「タンタンヌードル」を楽しめます。

ビューホテルズの中でも人気メニューである担々麺をアレンジしたもので、オリジナルブレンドのスパイスとゴマの香りが食欲を掻き立てます。

野菜もたっぷりと入っていて女性も喜ぶこと間違いなし!

平日のみ11:30~14:30まで提供されていますので是非ご賞味ください。

2018年5月22日にオープンしたこんな素敵なホテルなら、利用してみたくなりませんか?

名称 大阪ビューホテル本町
所在地 大阪府大阪市中央区本町4丁目5-2(Google map
公式サイト https://www.viewhotels.co.jp/osaka/

まとめ

いかがでしたか?

今回は、2018年5月22日にオープンした「大阪ビューホテル本町」の魅力についご紹介してきました。

豊富な数の客室を用意し、旅行者やビジネスマン向けのホテルとなっています。

内装は白を基調とした清潔感溢れる内装となっていて、旅や仕事で疲れた身体をゆっくりと休めるには最適です。

また、ワンランク上の客室も用意されていますので、ラグジュアリーな雰囲気を楽しみたいという方にもおすすめです。

ビューホテルグループが誇る朝食バイキングや大阪ビューホテル限定のタンタンヌードルもぜひ味わってみてください。

お近くへ訪れる機会があれば、是非利用してみてはいかがでしょうか。