2018年1月に上海にオープンした「AMANYANGYUN」をご紹介

飛行機での移動時間も短く多くの観光地がある韓国や中国は日本からの旅行客が年々増加しています。

特に上海や台湾は人気が高く、ちょっとした休暇に気軽に訪れられる非日常の舞台となっています。

そんなアクセスの良いアジア圏ですが、世界各地でラグジュアリーなホテルを提供しているアマンリゾートが上海に新しくホテルをオープンさせました。

今回は、2018年1月に上海にオープンした上海の「AMANYANGYUN(アマンヤンユン)」について紹介します。

アマンリゾートについて

アマンリゾート


出典 : https://www.aman.com/ja-jp/resorts/amanyangyun/suites-pavilions

アマンリゾートは、アジアを中心にホテル事業を行っているグループで、インドネシア・スリランカ・インド・ラオス・カンボジアなどでホテルを開いています。

ただの高級ホテルではなく、その国の風土・文化・特性をホテルの外見・内装に反映させることでその地域の良さを五感で感じられる仕組みとなっています。

地中海沿岸にも進出しており、アドリア海に浮かぶ宝石と言われるモンテネグロでは美しいビーチリゾートが注目を集めています。

アマンリゾートならではの独特の世界観は「アマンスタイル」と呼ばれていて、一度訪れれば別のアマンリゾートに行きたいという気持ちになること間違いなしです。

そんなアマンリゾートが新しく2018年1月に上海にオープンしたのがAMANYANGYUN(アマンヤンユン)というホテルです。

大都会・上海にありながらクスノキ林に囲まれ、太古の中国の王宮を彷彿とさせるような外装は訪れた人の心を奪います。

手入れの行き届いた芝生は爽やかな緑色で、自然を感じられるように工夫されています。

次はそんなAMANYANGYUN(アマンヤンユン)について詳しくご紹介していきます。

AMANYANGYUNの客室

客室


出典 : https://www.aman.com/ja-jp/resorts/amanyangyun/suites-pavilions

AMANYANGYUNの客室は、ミンコートヤードスイート24室とアンティークヴィラ13棟に分かれています

ミンコートヤードスイートはアンティーク調の内装に現代的な設備を合わせ、モダンな空間に仕上げています。

ベッドのサイズや個数、プールや中庭の有無などで全5種類あります。

アンティークヴィラはその名前の通り中国の歴史的建築物を思わせる佇まいの伝統的なヴィラに宿泊することが出来ます。

もちろん快適性は置き去りにしておらず、中国の歴史を感じながら体の芯まで休まる快適な空間となっています。

次はこれら2つの内装について詳しく見ていきましょう。

ミンコートヤードスイート

ミンコートヤードスイート


出典 : https://www.aman.com/ja-jp/resorts/amanyangyun/suites-pavilions/ming-courtyard-suite

日本の古民家をリノベーションしたような雰囲気を感じる室内は白い漆喰壁と木のぬくもりが感じられる内装となっています。

大きな窓からは庭を眺めることも出来るので、ベッドに横になって休みながら自然の情景を楽しむことも出来ます。

ベッドは基本的にキングサイズとなっていて、大人二人が寝ころんでも十分なスペースがあります。

リビングとダイニングエリアは広々としていて、自宅にいるのと同じかそれ以上にリラックスすることが出来ます。

洗面台は高級ホテルと同じくツイン洗面台となっていて、使いやすさにもこだわりを持っています。

トイレとシャワーはセパレートタイプとなっていますので、基本的にバス・トイレ別の環境である日本人にも嬉しいですよね。

主な設備としてコーヒーメーカーやテレビ、セーフティーボックス、Wi-Fiがあります。

アンティークヴィラ

アンティークヴィラ


出典 : https://www.aman.com/ja-jp/resorts/amanyangyun/villas

アンティークヴィラは明王朝と清王朝のインテリアをあしらっており、古き良き時代のゆっくりした時間の流れを感じられます。

全体的に木の温かみに溢れていて、身体も心も休まる空間となっています。

こちらもミンコートヤードスイートと同様にベッドはキングサイズ、セパレートタイプのシャワーとトイレなど部屋の間取りに大きな変化はありません。

しかしヴィラの場合はスイミングも楽しめるプライベートプールがセットで付いています。

カップルでのご旅行や家族旅行などで利用すればより楽しめるでしょう。

AMANYANGYUNの食事

食事


出典 : https://www.aman.com/ja-jp/resorts/amanyangyun/dining-experience

旅行の楽しみの一つと言えば食事ですよね。

その土地のものを味わってみたい、腕の良いシェフが作る料理を楽しみたいなど人それぞれの思いがあります。

AMANYANGYUNでは中国料理からイタリアン、日本料理まで取り揃えています。

上海に来て母国の味が恋しくなってもAMANYANGYUNであればクオリティの高い日本料理をお楽しみいただけます。

スーツやドレスが必須となるフォーマルな会場からラフな格好をしてグランピングのように屋外で楽しむものまで様々なタイプがありますので目的に合わせて利用することも可能です。

中国料理レストラン「LAZHU」

LAZHU


出典 : https://www.aman.com/ja-jp/resorts/amanyangyun/dining-experience

上海に来たのだから本場の中国料理を食べてみたいと思いませんか?

しかし中国料理といっても土地によって味も使う食材も大きく違うもので、それを知らなければ想像していたものと違ったなんてことにもなりかねません。

AMANYANGYUNのレストランで提供されている中国料理は「江西料理」にインスパイアを受けたものになります。

江西(こうせい)料理はしょうゆベースで油を多く使って味が濃いのが特徴です。

本場の中国料理をぜひAMANYANGYUNでお楽しみください。

AMANYANGYUNで楽しむスパ

スパ


出典 : https://www.aman.com/ja-jp/resorts/amanyangyun/wellness-experience

美と健康を追い求める人に必須なのが「スパ」です。

旅行で疲れた身体を癒すためのマッサージから体内の老廃物を体外へ出すサウナを行いたいという人は多いのではないでしょうか。

一般的な高級ホテルではオイルマッサージは普通に行われていますが、AMANYANGYUNの場合は本格的なスパ施設と言えるほど充実しています。

気になる部分のお手入れに力を入れたい方のためにトリートメントルームはなんと10室完備しています。

混み合うことが予想されるトリートメントルームですが、10室もあればいつでも自由に気兼ねなく利用することが出来ます。

サウナが大好きという方のためにロシア式サウナとトルコ式蒸し風呂を備えています。

ロシア式サウナはバーニャとも呼ばれていて、フィンランドのサウナよりも室温は低くなっているのであまりサウナを利用しないという方でも楽しめます。

トルコ式蒸し風呂は中東全域で利用されているもので、浴槽から発生する蒸気で汗を流してあかすりやマッサージを行うものです。

その他の設備

設備


出典 : https://www.aman.com/ja-jp/resorts/amanyangyun/wellness-experience

AMANYANGYUNではスパ以外にも屋内・屋外プールや最新設備を備えたジムを併設しています。

身体を動かしたいという男性の方でも自由に利用することが出来ます。

また、普段からヨガ・ピラティスを行っているという女性の方のために専用のスタジオも用意されています。

スパを含めると敷地面積は2,865平方メートルもあるので広々とした空間でのリフレッシュをお楽しみいただけます。

普段から運動不足で身体を動かしてみたいという方や汗をかきたいという方がいらっしゃれば、ぜひAMANYANGYUNが用意している設備をご利用ください。

名称 AMANYANGYUN
所在地 6161 Yuanjiang Road
Minhang District
Shanghai, China 201111(Google map
公式サイト https://www.aman.com/ja-jp/resorts/amanyangyun

まとめ

いかがでしたか?

今回は、2018年1月に上海にオープンした「AMANYANGYUN」について紹介してきました。

AMANYANGYUNは、中国の伝統的な佇まいで出迎えて、心の底から満足できるおもてなしをしてくれます。

外見だけでなく内装にもこだわってそれぞれの部屋にコンセプトを持ち、何度訪れても新鮮味が楽しめる雰囲気となっています。

料理やスパにも力を入れていて、この施設だけで一日過ごせてしまうような空間があります。

上海からのアクセスも良いので非常におすすめなホテルです。