北海道の大自然の中にある「坐忘林」で非日常な休日を楽しむ

日本が世界に誇る自然の宝庫として有名な北海道。

一度は訪れたい観光地としても名前が上がるほどで、都会の喧騒を忘れて自然に身を任せた旅行が出来ると大人気です。

そんな北海道のニセコに今話題の旅館「坐忘林(ざぼうりん)」があります。

温泉地として有名なニセコで一体どのような魅力が隠されているのか。
今回はこの、坐忘林の魅力について紹介していきます。

「坐忘林」の魅力

坐忘林があるのは昔から温泉地として有名なあのニセコ町。

山の斜面にはスキー場がありオンシーズンには多くの人が訪れる観光地として有名です。
さらに周りは森に囲まれ、北海道らしい大自然が楽しめるのです。

野生動物も数多く生息しており、頻繁にシカを目撃します。

そんな自然豊かな観光地ニセコ町に坐忘林はあります。

林の中に突然現れる建物は自然環境の中に違和感なく存在し、ずっと昔からこの地にあったような印象を受けます。
まさに秘境の旅館と呼ぶにふさわしいその佇まいは時間の流れが止まってしまったような雰囲気です。

自然の織り成す音楽と木々の香りに包まれて静寂な時間をぜひお楽しみください。

エレガントな客室

客室


出典 : https://zaborin.com/the-ryokan/guest-villas

坐忘林の客室はわずか15室という少ない数となっています。

一部屋ごとに雪の結晶の名前が付けられており、雪に覆われる北海道らしいネーミングとなっています。

そんな客室はモダンな和を感じさせる雰囲気で、洗練された内装が極上の時間を約束してくれます。
無駄な装飾はせず、ディティールにこだわり造られた客室はシンプルだからこそ自然との一体感が生まれます。

和と洋が融合した内装は日本人に馴染みやすく、慣れ親しんだ我が家のような雰囲気を感じさせます。

大きな窓は北海道の美しい自然を思いきり楽しむためのもの。

室内に居ながら自然を満喫できる展望は自然豊かな北海道・ニセコにある坐忘だからこそ。
畳のぬくもりに癒されながら北海道の自然を楽しんでみてはいかがでしょうか。

室内の照明にもこだわり、主張しすぎずに室内を暖かく照らしてくれます。

寒い北海道の冬でも寒さを全く感じさせない心遣いはとても嬉しいですよね。
さらに各部屋に天然温泉かけ流しのお風呂が付いています。

完全プライベートなお風呂は内湯と露天風呂の2種類があり、温泉が大好きというあなたも満足すること間違いなし。

モダンでエレガントな和テイストの客室で日ごろの疲れを癒してみませんか?

豊富なアメニティ

アメニティ


出典 : https://zaborin.com/the-ryokan/guest-villas

坐忘林では客室のアメニティにも力を入れています。

フラットスクリーンテレビにDVDプレーヤーを備え付け、映画などを楽しむことが出来ます。

音響システムにはiPod接続機能付きBluetoothサウンドシステムを採用しているので、スマートフォンをお持ちの方は自分の好きな音楽を流すことも可能です。

雰囲気を作るのにクラシカルな音楽を流してみるのもおすすめですよ。
さらに無料の高速Wi-Fiも全室備え付けられているので通信制限を気にすることはありません。

普段は聴かないような曲もYoutubeなどから流すことが出来ます。

嬉しいことにお茶や北海道ジュース、ネスプレッソコーヒーなどのドリンクやミニバーもアメニティに含まれています。

室内で北海道限定の飲食を楽しみつつ旅の思い出を語り合ってみてはいかがでしょうか。

北海道に来たからには観光を楽しみたいですが、これだけ豊富なアメニティが揃っている快適な客室内から出たくなくなってしまいますね。

ぜひ坐忘林で自分だけの楽しみ方を発見してみてください。

内湯と露天風呂

風呂


出典 : https://zaborin.com/the-ryokan/hot-spring

坐忘林ではすべての客室に内湯と露天風呂が備え付けられています。
簡易的なお風呂かと思ったら大間違いですよ。

古き良き日本の温泉をそのまま客室に用意しており、木の香りが漂う内湯から石の重厚感が何とも言えない安心感を作り出す露天風呂と非常に充実しています。

これが全てかけ流しというのですから贅沢な限りです。
もちろん展望も最高で、大自然を楽しみながら温泉を満喫することが出来ます。

坐忘林の温泉にはミネラルが豊富に含まれており、健康や肌に良く美肌効果もあると言われています。

周りの目を気にする必要のない完全プライベートな温泉で心の底からリラックスして旅の疲れ・日ごろの疲れを思いきり癒しましょう。

坐忘林で味わう北海道の味覚

レストラン


出典 : https://zaborin.com/the-ryokan/cuisine

坐忘林のレストランでは地元の食材を厳選し、旬の食材の魅力を最大限に生かした料理の数々を提供しています。

重要無形文化財にも指定された日本料理の技法を取り入れつつシェフの自由な発想をアクセントに仕上げられたオリジナリティに富んだ料理はここでしか味わえません。

坐忘林の朝食と夕食を楽しみにいらっしゃる方も多いです。

器の中に凝縮された北海道の味覚とニセコの魅力、坐忘林のこだわりを思う存分召し上がってください。

朝食

朝食


出典 : https://zaborin.com/the-ryokan/cuisine

健康的な生活は美味しい朝食から。
坐忘林の朝食は北海道の味覚をふんだんに使用したここでしか味わえない特別な「朝ごはん」です。

釜で炊き上げた蘭越産の白飯はふっくらとしていて口の中でもちっとした食感とお米の旨味を楽しめます。

噛めば噛むほど味が出てくるのは北海道の豊かな大地で育ったお米だからこそ。

ごはんのお供には手造りの総菜とお漬物。
丹精込めて作られた漬物は野菜本来のおいしさを最大限に引き出し、優しい味わいとなっています。

その日の仕入れ状況によって変わる焼き魚や北海道産のみそを数種類ブレンドして作られた味噌汁、地元の養鶏場から仕入れた新鮮な卵料理など朝食とは思えないほど品数は豊富にそろっています。

坐忘林の朝ごはんを沢山食べて観光を思いきり楽しんでください。

夕食

夕食


出典 : https://zaborin.com/the-ryokan/cuisine

坐忘林の料理へのこだわりを感じたいのであればディナーは外せません。

独自の世界観と最高の調理技術を持った北海道出身の料理長「瀬野嘉寛」が作りだす郷土料理「キタカイセキ」は坐忘林でしか味わえません。

日本の古き良き和を大切にしながら現代的でモダンな料理へと北海道の新鮮な食材たちを昇華させます。
味の良さも然る事ながら目でも楽しめる料理となっています。

お皿の上で北海道の四季が感じられる素晴らしいディナーをぜひご堪能下さい。

また、ソムリエセレクトのワインと一緒に料理を楽しむことも可能です。

一生の思い出に残るディナーを坐忘林でお楽しみください。

自然環境との共存

自然環境との共存


出典 : https://zaborin.com/the-ryokan/respecting-the-environment

坐忘林は自然と大切にし、環境を壊さない取り組みを行っています。

源泉かけ流しの湯を冬場は道路の融雪設備に再利用したりパイプを通して床暖房や部屋を暖めるのに利用しています。

夏季には湧き水を館内の冷蔵設備として利用し、暑い夏でも涼しくなるようになっています。
季節に関係なく館内を一定の温度に保つ努力はこうした自然環境への配慮から行っているのです。

さらに建物に使われている木材は天然由来で無害な成分でコーティングし、環境に優しいながらも長く使えるように工夫されています。

人にも優しく環境へも配慮していることが伺い知れますね。

自然の中にあるからこそ自然を大切にし、自然と共存していくのが坐忘林です。

名称 坐忘林(ざぼうりん)
所在地 北海道虻田郡倶知安町花園76-4(Google map
公式サイト https://zaborin.com/

まとめ

いかがでしたか?
今回は、坐忘林の魅力について紹介しました。

北海道のニセコ町にある坐忘林は天然温泉が全室についているとっても贅沢な旅館です。

温泉地として有名なニセコだからこそ湧き出る温泉を室内で楽しめるのです。

大自然を余すところなく満喫できる客室に北海道の味覚をふんだんに使用した料理の数々は大人の休日を過ごすには最適です。

北海道出身の料理長が作る料理を楽しみに訪れるのもおすすめです。

北海道の大自然を直に感じられる坐忘林で忘れられない休日を過ごしてみてください。