2017年7月1日にリニューアルオープンした「灯屋 迎帆楼」の魅力

愛知県・犬山市にある老舗旅館、「灯屋 迎帆楼(あかりや げいはんろう)」。

1919年から続くこの旅館が、2017年7月1日にリニューアルオープンしました。

部屋数をわずか10室限定にし、上質なおもてなしの宿として生まれ変わったこの旅館は、大正時代のレトロな部分を残しつつ和テイストモダンな魅力ある旅館です

今回はこの、2017年7月1日にリニューアルオープンした「灯屋 迎帆楼(あかりや げいはんろう)」の魅力について紹介していきます。

「灯屋 迎帆楼」の魅力

灯屋 迎帆楼

出典 : https://www.geihanro.co.jp/

「迎帆楼(げいはんろう)」は、は大正八年に創業し、文人墨客の定宿として古くから愛されてきた旅館のようで、創業当初、木曽川を行き交う帆掛船の人々をおもてなしする料理旅館として、数多くの旅人を癒していたそうです。

木曽川沿いに佇む迎帆楼は、船乗りにとって“灯台”のような存在であったことや、お客様をいつでも暖かくお迎えし、犬山の町や人々を、明るく照らす存在でありたいという想いから平成二十九年に「灯屋 迎帆楼」と名付けリニューアルオープンとなったようです。

灯屋 迎帆楼

出典 : https://www.geihanro.co.jp/

一歩中へ足を踏み込めば、「灯屋」の名を象徴するように和紙の灯りが訪れる人を癒してくれます。

リニューアルオープンしたこの旅館のコンセプトは、「犬山城を望む客室と温泉の大人の宿」として、10室限定の全ての客室に露天風呂を設け、木曽川と犬山城を眺めながら優雅な滞在を可能としてくれます。

京都の老舗提灯屋「小嶋商店」が手掛ける提灯が灯るラウンジスペースもあり、暖かな灯りが訪れた方をやさしく照らしてくれるのもいいですね。

灯屋 迎帆楼 客室

出典 : https://www.geihanro.co.jp/

お部屋もこんなに魅力的で素敵な造り。

何もしないという贅沢を大切な方と過ごす、最上のひとときがこの場所では味わえます。

「灯屋 迎帆楼(あかりや げいはんろう)」は、全室スイートで、半露天風呂付きのモダンな客室。

窓の外には犬山城と木曽川の眺望が広がる、開放的な空間になっています。

こんな素敵な場所なら泊まってみたくなりませんか?

さらに、全ての部屋にミニバーまで設置されているので、好きな飲み物をその場で楽しむ事だってできます。

灯屋 迎帆楼

出典 : https://www.geihanro.co.jp/

春には爛漫と咲き誇る桜や、夏の風物詩木曽川の花火。

美しく色づく秋の夕暮れ。真っ白な雪をまとった冬景色。

このような四季の移ろいを感じながら、いつ訪れても満足できる。そんな魅力あふれる旅館です。

灯屋 迎帆楼 風呂

出典 : https://www.geihanro.co.jp/

旅館内の2階には、絶景に癒されること間違いなしの貸切風呂「ひすずし」があります。

一組ずつ予約制のプライベートな空間は、夕暮れには伊木山に沈む夕日を、夜はライトアップされた幻想的な犬山城を見ることができます。

さらにこの「ひすずし」の湯は美肌効果のある「白帝の湯」と呼ばれるそうで、なんでも「犬山城」の別名、白帝城にちなんで名付けられたそうです。

白帝の湯は、犬山唯一の100%天然温泉。

お肌がすべすべになると女性に人気の美人の湯のようです。

疲労回復や神経痛・関節痛への効能、その他に冷え性・慢性消化器病などにも良いそうです。

旅館に泊まるなら絶対に利用したい貸切風呂と言えます。

灯屋 迎帆楼 料理

出典 : https://www.geihanro.co.jp/

お風呂でゆっくりと温まったら料理なんていかがでしょうか。

「灯屋 迎帆楼(あかりや げいはんろう)」の料理は、皿の上から感じる季節と、こだわり抜いた空間。

前菜からはじまり、飛騨牛ロースの炭火焼 夏野菜添えなどの強肴、御飯物といったコース料理。

毎月変わるお品書きには、旬の素材をふんだんに使用した多彩なお料理が並びます。

あそび心を感じさせる器と、うつくしく繊細な盛り付けが、更に料理を味わい深いものに仕立てますよ。

犬山城

出典 : https://www.geihanro.co.jp/

「灯屋 迎帆楼(あかりや げいはんろう)へ訪れたら、犬山散策も楽しみの一つです。

犬山を代表する三大スポットは全て見尽くしておきたい魅力のある場所。

現存する日本最古の木造天守「犬山城」は、国宝でもあるお城です。

曽川のほとりの小高い山の上に建てられた天守閣からの眺めは、まさに絶景。天守最上階を取り巻く回廊があり、木曽川、御嶽山、岐阜城などが見渡せます。

木曽川

出典 : https://www.geihanro.co.jp/

木曽川は、長野県から岐阜県、愛知県、三重県を経て伊勢湾に注ぐ一級河川。

春の桜、夏の鵜飼、秋の紅葉、冬の川霧…。

この木曽川を部屋やロビーから、四季折々の風情をお愉しむことだってできます。

伊木山

出典 : https://www.geihanro.co.jp/

さらに、岐阜県各務原市にある標高173.1mの伊木山。

その山容と夕景の美しさから別名「夕暮富士」と呼ばれている山。

時間がある方は、早朝の登頂がオススメです!

登山初心者の方でも20分程で展望地点へ行くことができ、眼下に木曽川が流れ、犬山城から継鹿尾山、先には各務原アルプス・城山の眺望を楽しむことができます。

「灯屋 迎帆楼(あかりや げいはんろう)」に訪れればきっと一生の思い出に残る素敵な経験ができるはずです。

お近くに訪れる機会があれば、是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

名称 灯屋 迎帆楼
所在地 愛知県犬山市犬山北古券41?6(Google map
公式サイト https://www.geihanro.co.jp/

灯屋 迎帆楼まとめ

いかがでしたか?

今回は、2017年7月1日にリニューアルオープンした愛知県・犬山市にある老舗旅館「灯屋 迎帆楼(あかりや げいはんろう)」の魅力について紹介してきました。

上質なおもてなしの宿として生まれ変わったこの旅館は人気があり、部屋数が10室ということもあり、訪れてみようと思った日に必ず泊まれるとは言えませんが、もし空いているようなら迷わず泊まってみる事をおすすめします。

それだけ魅力溢れる旅館ですよ。