2018年中に北京に誕生する極上ホテル「MANDARIN ORIENTAL QIANMEN」

中国の首都「北京」は、観光地化も進み日本からでも比較的安くいける旅行先として人気のある街。

そんな北京に2018年中に完成を予定しているラグジュアリーなホテル「MANDARIN ORIENTAL QIANMEN」があります。

今回はこの、「MANDARIN ORIENTAL QIANMEN」について紹介します。

「MANDARIN ORIENTAL QIANMEN」北京に誕生!

MANDARIN ORIENTAL QIANMEN

出典 : https://www.hospitalitynet.org/

「MANDARIN ORIENTAL QIANMEN」は、2018年中に完成を予定している中国・北京に誕生する中国の伝統を取り入れた魅力あふれるラグジュアリーホテルです。

このホテルを運営するマンダリン・オリエンタルホテルグループは、北京の中心にある高級ホテルプロジェクトを運営すると発表してから天安門広場に近い伝統的な胡同地区に計画。

伝統的で本格的な北京の環境で贅沢な生活を体験できるホテルを誕生させるようです。

ホテルには、屋上テラス、中華レストラン、ロビーラウンジ、伝統的なティーラウンジ、特製のマンダリンケーキショップなど、終日のダイニングコンセプトなど、胡同中庭内の様々なレストランを用意。

このプロジェクトには多目的機能部屋も準備されるようです。

まだ公式サイトもなく、情報はあまりありませんが、きっと旅行者を満足させてくれる素敵なホテルになること間違いなしです。

新しい情報が入り次第、随時更新していくので是非チェックして下さい。

MANDARIN ORIENTAL QIANMEN

出典 : https://www.hospitalitynet.org/

マンダリン・オリエンタルホテルグループとは?

マンダリンオリエンタル ロゴ

出典 : https://ja.wikipedia.org/wiki/

マンダリン・オリエンタルホテルグループは、ジャーディン・マセソン・グループの傘下で、香港に拠点を置いている高級ホテル運営会社です。

1963年に、香港に拠点を置くイギリス系の大手総合商社・ジャーディン・マセソンのヘンリー・ケズウィック会長の指導の元、当時イギリスの植民地であった香港のセントラルにオープンした「マンダリン香港」がこのホテルの始まりです。

2018年の現在では、世界13カ国に21のホテルを展開し、その客室数は8000室とも言われています。

日本では、5つ星のラグジュアリーホテル「マンダリン・オリエンタル東京」が2005年に日本橋にオープンしています。

マンダリン・オリエンタル東京

マンダリン 東京

出典 : https://www.mandarinoriental.co.jp/tokyo/nihonbashi/luxury-hotel

今年中に北京に誕生する「MANDARIN ORIENTAL QIANMEN」ですが、情報が少ないのでそのホテルの魅力を「マンダリン・オリエンタル東京」でお伝えします。

東京の上空に浮かぶ「マンダリン・オリエンタル東京」は、眼下にすばらしい風景が広がるラグジュアリーな5つ星ホテル。

明快なコンテンポラリー スタイルに包まれたこのホテルは、優れたテクノロジー、定評あるスパ、斬新な食の体験を提供するレストラン、非の打ちどころのないサービスを誇りにしたホテルです。

こんな素敵なホテルが2018年中に北京にオープンするのです。

マンダリン 北京

出典 : https://www.mandarinoriental.co.jp/tokyo/nihonbashi/luxury-hotel

マンダリン・オリエンタル東京のプレジデンシャルスイートは、広々としたマスターベッドルーム、ウォークインクローゼットを備えた極上の客室。

窓際で外の景色を眺めながらジェットバスを愉しむことだってできます。

8人掛けのテーブルを配したダイニングルームや書斎、リビングルーム、パントリー、ゲスト用パウダールームを兼ね備えた極上の一室です。

客室数は全部で179室あり、どのお部屋もさすが5つ星と思わせる最高峰の客室ばかりです。

世界屈指のこのラグジュアリーホテルでは、遥か彼方の富士山やメトロポリスのダイナミックな眺望を楽しむことができます。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、2018年中に完成を予定しているラグジュアリーなホテル「MANDARIN ORIENTAL QIANMEN」について紹介してきました。

まだ情報が少ないため、客室やレストランなどの詳細までは確認できませんでしたが、世界屈指のラグジュアリーブランドのホテルなので間違いなく素敵なホテルとして誕生することでしょう。

完成までまだ時間があるので、雰囲気を愉しむためにも、「マンダリン・オリエンタル東京」を利用してみてはいかがでしょうか。