2018年6月にケンブリッジにオープンする「University Arms」とは?

2018年6月、8000万ポンドの改装をかけた「University Arms (ユニバーシティ アームズ)」がついにオープンします。

60年代と70年代に建設されたブロックを置き換えて、建物の古典的な建築物を再導入するために、8000万ポンドの費用をかけ、2年間の再開発の末、今年の夏にオープンするようです。

今回はこの、新しく生まれ変わりオープンする「University Arms (ユニバーシティ アームズ)」について紹介していきます。

「University Arms (ユニバーシティ アームズ)」とは?

University Arms (ユニバーシティ アームズ)


出典 : https://universityarms.com/

イギリスのイングランド東部にあるケンブリッジシャーの州都のケンブリッジ大学に位置する「University Arms (ユニバーシティ アームズ)」。

オープン前なので情報は多くありませんが、2018年6月にオープンするこのホテルは、192室の客室が用意され、1泊あたり205ポンド以上の費用がかかるようです。

University Arms (ユニバーシティ アームズ)


出典 : https://universityarms.com/

このホテルは、建築家のジョン・シンプソンとインテリアデザイナーのマーティン・ブルドニツキなどのユニークなコラボレーションによるもので、このシンプソンは、国内で最も古典的な建築家であり、ケンブリッジの広範なプロジェクトに取り組んできた人物でもあります。

University Arms (ユニバーシティ アームズ)


出典 : https://universityarms.com/

さらに、バッキンガム宮殿とケンジントン宮殿の両方で高い評価を得ているほか、イートン・カレッジ、ロイヤル・カレッジ・オブ・ミュージック、ノートルダム大学でも活動しています。

シンプソンは、ホテルの再開発を監督し、1960年代と70年代の建築物の拡張を、ケンブリッジのよく知られた建築遺産に沿った魅力的で古典的なデザインのフロントに置き換えました。

インテリアを担当したのは、マイアミ・ソーホー・ビーチハウス、スコット、アイビー、そしてニューヨークの名高いビークマンを含む、ヨーロッパの一流インテリア建築家の一人であるマーティン・ブルドニツキです。

有名な建築家からインテリアデザイナーなど費用と時間をかけて完成するこの「University Arms (ユニバーシティ アームズ)」は、きっと人気のホテルとなるはずです。

University Arms (ユニバーシティ アームズ)


出典 : https://universityarms.com/

このユニバーシティ アームズは、自然豊かで長閑な場所にあります。

イギリスのケンブリッジは、街の中心部にショッピングやグルメ、観光スポットなどが詰まった小さな街。

街の至る所に、アートがちりばめられているので、芸術に触れることだってできます。

多くの公園から800年以上も前に建てられたといわれているグレート・セント・メアリー教会など、歴史を感じることもできる街です。

University Arms (ユニバーシティ アームズ)


出典 : https://universityarms.com/

客室など一般公開されている情報はまだ確認できませんでしたが、時間と費用をかけたこのホテルは、訪れた方を満足させてくれるに違いありません。

もう間もなくオープンする、「University Arms (ユニバーシティ アームズ)」。

お近くへ訪れる機会があれば、利用してみてはいかがでしょうか?

名称 University Arms
所在地 197 Brook Hill, Sheffield S3 7HG イギリスGoogle map
公式サイト https://universityarms.com/

まとめ

いかがでしたか?

今回は、2018年6月に新しく生まれ変わりオープンする「University Arms (ユニバーシティ アームズ)」について紹介してきました。

ケンブリッジは人口のおよそ1/10が大学生と言われている若者の街で世界有数の大学都市としても知られています。

ショッピングからグルメ、観光にも最適な街なので、「University Arms」がオープンした際は、是非足を運んでみてください。