マカオの「コンラッド・マカオ・コタイ・セントラル」に泊まってみた

東洋のラスベガスとも言われるマカオ。

カジノのみにとどまらず、西洋と東洋の融合を感じさせる街並みや数多くの世界遺産など、滞在中の楽しみ方も様々。

そんなマカオを存分に満喫することができる、「コンラッド・マカオ・コタイ・セントラル」の魅力について紹介します。

もくじ

マカオの最先端を満喫することができる立地

gr1

大型カジノや一流ブランドが集まるマカオの中心部、コタイ。

その中でも最新リゾートとされる超大型複合施設、サンズ・コタイ・セントラルに直通という好立地。

また、サンズ・コタイ・セントラルとコタイのランドマークのヴェネチアンが連絡橋でつながっているのも魅力。

2つの施設を合わせると420店舗以上のショップがあり、外に出なくてもショッピングや食事を十分に楽しむことができます。

洗練された上質な客室

gr2

中国とヒマラヤをモチーフとしたコンラッド・マカオ・コタイ・セントラル。

全636室あり、今回はデラックススイートルーム(104.00 m²)に宿泊をしました。

こちらは、メインダイニングルーム。

広々とした客室にはモダンな調度品があつらえてあり、落ち着く空間です。

gr3

ネスプレッソマシンもあり、ソファなどでくつろぐ際などにとても便利。

ミネラルウォーターは毎日、十分な本数が補充されていました。

gr4

gr5

こちらは、ベッドルーム。

キングサイズのベッドには、コンラッドブランドではおなじみのベアがお出迎え。

コンラッドベアを楽しみに、各地のコンラッドに宿泊される方もいるほどの人気です。

gr6

バスルームはバスタブとシャワールームがそれぞれ独立して設置されています。

TVモニター付きのバスタブはのびのびと足が伸ばせる広さ。

また、他のコンラッドでは見ない珍しいマスコットが置いてありました。

gr7

コンラッドダックです。

中には金色のダイス(サイコロ)が入っていて、マカオらしさが感じられます。

アメニティはイギリスのコスメブランド、アロマセラピーアソシエイツのシャンプー、コンディショナー、ボディウォッシュ、ボディローションがありました。

他にも客室には広々としたトイレが2つ、大きな化粧台も。

また、客室のデスクにはiPhone・iPod専用スピーカーが完備されています。

非日常を味わうことのできる眺望

gr8

眼下に広がるコタイ中心部には、特徴のある看板や建物がたくさん。

左手にはヴェネチアン、右手にはシティ・オブ・ドリームズといった超大型複合リゾートが。

まさにマカオのど真ん中。マカオにきた!と実感できる眺望です。

gr9

昼と夜の雰囲気の違いもあり、飽きることなく眺めていられます。

gr10

コンラッドのあるタイパ島からは、マカオ半島にある老舗ホテルのリスボアまで見ることが出来ます。

上質な客室から眺める景色は格別で、滞在をより良いものへとしてくれます。

ホテル内でカジノ以外の楽しみも

gr11

ホテル内には広々とした屋外プールがあり、宿泊者は利用することができます。

ジャグジーもあり、亜熱帯のマカオ滞在中、カジノやショッピングの合間のリラックスタイムにぴったり。

gr12

プールサイドにはたくさんのチェアが用意されていますが、おすすめはカバナ。

各カバナにはファンもついており、快適に過ごせる場所になっています(無料)。

カジノ目的の観光客が多いためか、混雑することは珍しいようなので静かな空間。

gr13

客室にあったものより何倍の大きさもあるダックもいました。

プール以外にも、サウナやスチームルーム完備のフィットネス、スパ施設があります。

想像以上のホスピタリティ

gr14

わたくしごとですが、実は今回の宿泊は結婚記念日での利用でした。

こちらの申し出に対し、部屋に入るとお祝いのケーキが用意されていました。

gr15

それだけでなく、妊娠中ということが伝わると、出産用品まで丁寧なお手紙と共にいただきました。

部屋の担当が日本の方で、マカオのことだけでなく子育てのお話もしていただくことも。

利用者に合ったおもてなしを提案されていることに、ホスピタリティの高さを実感しました。

gr16

帰国日のチェックアウトの際にはフロントタッフに、バスやフェリーを手配していただきました。

ホテルからはフェリー乗り場などへのシャトルバスがでているので、大変便利です。

時間がない中でもスムーズに出国できたのは、彼らのお陰。

フロントスタッフは日本語ではなく英語での対応となりますが、とても丁寧に案内していただけますよ。

まとめ

いかがでしたか?

コンラッド・マカオ・コタイ・セントラルはホテルの敷地内だけでも十分にマカオを楽しめます。

上質で快適な滞在に加え、高いホスピタリティを体験できる、魅力に溢れるホテルです。

ホテル情報

コンラッド・マカオ・コタイ・セントラル

公式サイト: http://conrad.hiltonhotels.jp/

アクセス:マカオ国際空港から無料シャトルバスで5分

マカオ・タイパ・フェリーターミナルから無料シャトルバスで8分