プライベートビーチが美しい!セブ島を代表する高級リゾート「シャングリ・ラ マクタンリゾート&スパ」

日本から直行便で5時間弱のリゾートアイランドセブ島。

白砂と透明度の高いエメラルドブルーの海が広がるリゾートエリア「マクタン島」に位置する、セブ島きっての一流ホテル「シャングリ・ラ マクタンリゾート&スパ」ではそんな美しい自然を余すことなく満喫することができます。

今回はこの、セブ国際空港から約20分のマクタン島リゾートエリア北部に位置し、セブ最大級の客室数を誇る「シャングリ・ラ マクタンリゾート&スパ」の魅力を紹介します。

もくじ

「シャングリ・ラ マクタンリゾート&スパ」の魅力

「シャングリ・ラ マクタンリゾート&スパ」一番の魅力は、全長350mの白砂が眩しい透明度の高いプライベートビーチです。

このプライベートビーチは「シャングリ・ラ海洋生物保護区」となっており、アジアメインアイランドのリゾートホテルのプライベートビーチとしては珍しく、ビーチエントリーのシュノーケリングで160種類以上の魚や貝、サンゴ礁に出会うことができます。

g12

ビーチにてシュノーケリングセットを有料で借りることができるので、ツアーなどと違い自分のペースで好きなだけ潜ることができます。

シュノーケルの他にもウォータースキー、ウエイクボード、バナナボート、パラセーリング、カヤック、スタンダップパドルなど様々なマリンアクティビティーでマクタン島の美しい海を思う存分に満喫することができます。

g13

広大な敷地に充実した施設

2013年に客室の大掛かりなリノベーションが行われ、よりラグジュアリーに生まれ変わった「シャングリ・ラ マクタンリゾート&スパ」。

客室はメインウィングとオーシャンウィングの2棟に分かれており、海側のオーシャンウィングには専用のエントランスが設けられており、更にオーシャンウィングの上階「オーシャンクラブ」に宿泊すると専用ラウンジの利用や、シュノーケルセットの無料レンタルなどの特典を受けることができます。

緑豊かな13ヘクタールの広大な庭園内には、数々の賞を受賞しているChi Spa、プール、ミニゴルフ、テニスセンター、キッズルーム、アスレチック施設、ヘルスクラブなどの施設があり、リゾートステイを満喫するために必要なものは全てホテル内に揃っています。

プールは2つあり、1つはウォータースライダーや子供用プールが完備された、子ども連れの家族でも安心して遊ぶことができるメインウィングプール。

もう1つのプールはオーシャンウィングに宿泊している方専用のプールになります。オーシャンウィングプールはインフィニティプールになっており、人も少ないので静かにゆっくりとしたくつろぎの時間を堪能することができます。

g14

プールサイドでは軽食や飲み物をオーダーすることもできます。

ヤシの木が茂るプールサイドで真夏の太陽を浴びながら飲むサンミゲルビールや、フレッシュなヤングココナッツは南国のリゾートでしか味わえない格別のものです。

g15

南国ステイを彩る多彩なビュッフェ

「シャングリ・ラ マクタンリゾート&スパ」には7つのレストランやバーがあるので、長い滞在でも飽きることなく様々な料理を堪能することができます。

朝食はTIDESとAQUA2箇所のレストランから選べます。TIDESの方が品数が豊富ですが、AQUAの方が人が少ないので落ち着いて朝食を食べることができます。

どちらも沢山のフレッシュな野菜や、セブ島の名産品の甘いマンゴーなどの南国フルーツ、甘いペストリー、そしてフォーやお粥、オムレツのホットステーションもあり、充実の品揃えです。

TIDESではフィリピンでしか食べることのできないお料理やスイーツも沢山あるので、連泊の際にはTIDESも利用してみることをオススメします。

中でも是非食べていただきたいのが、庶民的なお手軽朝ごはんとしてフィリピンで愛されているTahoと言う柔らかい豆腐にタピオカと黒糖シロップがかかった料理や、朝食やおやつとしてフィリピンでよく食べられているチマキの様なSuman、そしてもち米とココナッツミルクで作る甘いスイーツのBikoです。

お好みで黒糖やココナッツキャラメルソース、macapunoと言う甘いココナッツや、フレッシュマンゴーと一緒にいただきます。

g16

Tahoはフィリピンの街中では、棒にアルミのバケツをぶら下げたおじさんが売りに来る、朝の風物詩の様なものだそうです。

TIDESでも同様にシェフがアルミのバケツにTahoを入れて運んできてくれるので、旅行ではあまり体験することができないフィリピンの人の暮らしや文化に少し触れることができるいい機会になりました。

優しい気持ちになれる温かいホスピタリティー

「シャングリ・ラ マクタンリゾート&スパ」が、セブ島を代表する5つ星ホテルと言われるのは、子どもから大人まで皆が楽しめる充実した施設や、美しいプライベードビーチだけが理由ではなく、スタッフの方々のフレンドリーな温かさだと感じました。

ホテル内ですれ違う際には皆笑顔で挨拶し、気さくに話しかけてくれます。

滞在時は妊娠中だった私にも、「お子さん楽しみだね」「絶対可愛い子が産まれるよ」「子どもが産まれたらまた連れて帰ってきてね」など、いく先々で皆優しい言葉をかけてくれました。

滞在中沢山の優しさに触れる機会がありましたが、中でも特に感動したのが、チェックイン時の嬉しいサプライズと、レストランでの心遣いでした。

主人との結婚記念日に「シャングリ・ラ マクタンリゾート&スパ」を利用し、チェックインの際の何気ない会話のなかでその事に少し触れました。

チェックインを担当していたフロントのスタッフにお祝いの言葉を貰い、チェックイン後に外出したのですが、夜ホテルに戻るとお部屋にはケーキとワインのサプライズが用意されていました。

思いがけないサプライズで滞在がより特別なものになりました。

g17

また、レストランを利用した際も、優しさに触れる機会がありました。

妊娠中だった事もあり、ゆっくりとしたスケジュールを組んでいたのですが、体調がすぐれない日があり夕食にオールデイダイニングTIDESを利用しました。

TIDESのディナーはビュッフェがメインになるのですが、体調不良だった事もあり、無理を言って私はアラカルトのスープ、主人はビュッフェにしてもらいました。

すると、事情を知ったスタッフの方が、胃痛に効くようにと温かいお茶を入れてくれ、また違ったスタッフの方は消化が良いからとビュッフェからお粥やフルーツを運んできて下さいました。

スタッフの方全員から、本当にお客さんの事を思いやる事で生まれる温かい心遣いが感じられる、素晴らしいホスピタリティで私まで優しい気持ちになりました。

まとめ

セブ島イチの5つ星ホテルと言われる「シャングリ・ラ マクタンリゾート&スパ」は広大な敷地と充実した施設、そして南国の花々が咲く庭園と抜群の透明度の海で楽しむマリンアクティビティーなど、南国のリゾートバケーションを思う存分満喫する事ができるホテルです。

家族旅行やカップル旅行、ちょっぴり贅沢な友達との旅行やハネムーンなど、全てのオケージョンで満足する事ができる素晴らしいホテルです。

日本語対応スタッフもいるので、英語が苦手でも安心して泊まる事ができます。

セブ島旅行の際には、是非「シャングリ・ラ マクタンリゾート&スパ」で人々の優しさに触れ、心も身体も元気になれるリゾートでの休日を過ごしてください。

ホテル情報

名称:Shangri-La’s Mactan Resort & Spa

住所:Punta Engano Road, Lapu-Lapu, Cebu, 6015, Philippines

電話:(63 32) 231 0288

公式サイト:http://www.shangri-la.com/jp/cebu/mactanresort/

マクタン・セブ国際空港より車で約20分

有料送迎バス有り (オーシャンウィング、スイート宿泊の方は無料)