グランピング気分を満喫!秋葉原のカプセルホテル「グランジット」

オタク文化の拠点、電化製品等で知られる秋葉原。

今では、外国人の観光客も増え、人気の観光、買い物スポットとなっています。

そんな秋葉原に、2017年10月、「グランピング」と「トランジット」をかけあわせたカプセルホテル「GLANSIT AKIHABARA~COMFORT CAPSULE HOTEL~ (グランジット アキハバラ~コンフォートカプセルホテル~)」がオープン!

今回はこの、「GLANSIT 秋葉原 コンフォートカプセルホテル」の魅力について紹介していきます。

「GLANSIT AKIHABARA~COMFORT CAPSULE HOTEL~」の魅力

グランジット秋葉原

出典 : https://glansit.jp/

秋葉原駅から徒歩3分という素晴らしい立地にオープンした「GLANSIT AKIHABARA~COMFORT CAPSULE HOTEL~」。

GLANSITは、「グランピング」 × 「トランジット」を掛け合わせた造語。

手ぶらで快適な設備のもの、自然を感じながら贅沢にキャンプを満喫できる「グランピング」と目的地に行く途中で立ち寄ると言った意味がある「トランジット」を組み合わせ、ホテルの名称に加えたようです。

GLANSIT AKIHABARAは、「洗練」 × 「快適性」をコンセプトとした、

“心安らぐ木壁と緑に囲まれたスタイリッシュで洗練された空間。

シンプルに快適性を追求したワンランク上のカプセルホテルです。”

グランジット秋葉原フロア説明図

出典 : https://glansit.jp/

ホテル内の構造はこのようになっており、女性用エリアと男性用エリアを上下にわけ男女共に安心して快適に過ごせるように設計。

これなら女性だけで宿泊なんてときも安全ですね。

フロントエリアは、瑞々しい草木・花々を想わせる安らぎの香りと中央の大きなシンボルツリーのオブジェが訪れた方を迎えてくれます。

2~9Fの男女別ベッドルームエリア

2~9階にあるベッドルームエリアは階層ごとに男女別に分かれています。

グランジット秋葉原ベッドルーム

出典 : https://glansit.jp/

客室は、サイドデスクと専用ロッカーを備えており、完全なプライベート空間を与えてくれます。

グランジット秋葉原

出典 : https://glansit.jp/

さらに、各お部屋はセキュリティゲートで分けられているので安心で安全な快適な環境です。

B1と10Fにある男女別 大浴場

GLANSIT AKIHABARAには、昼の12時~翌朝10時まで利用可能な男女別フロアの大浴場もあります。

グランジット秋葉原 大浴場

出典 : https://glansit.jp/

シャワーだけでなく、足を伸ばしてゆったりと寛げる大浴場は他のカプセルタイプのホテルではあまり見かけない贅沢なつくり。

男性大浴場にはジェットバスが備えつけられているので疲れた身体を癒すのに最適です。

さらに、国内ブランドのシャンプー類やシェービングセットを無料で使うこともできるので持参する必要がないのもありがたいですね。

グランジット秋葉原 洗面台

出典 : https://glansit.jp/

10階には、女性専用のパウダーエリアがあります。

洗顔しやすいよう大きめに作られた洗面台、化粧水・乳液などの化粧品、ドライヤー・ヘアアイロンなど、女性が必要とするメイクアイテムまで揃えています。

このサービスは女性にとってとてもうれしいサービスなのではないでしょうか。

さらに、各階エレベーターは、指定フロアのみ移動できるセキュリティカードを使ったゲートを設けているので、女性ひとりでも安心して利用することができます。

こんな他にはない、至れり尽くせりのカプセルホテルなら、利用してみたくなりませんか?

名称 GLANSIT AKIHABARA~COMFORT CAPSULE HOTEL~
所在地 東京都千代田区外神田4丁目4-6(Google map
公式サイト https://glansit.jp/

グランジット秋葉原まとめ

いかがでしたか?

今回は、2017年10月に秋葉原にオープンした洗練されたインテリアデザインと快適性を追求したワンランク上のカプセルホテル「「GLANSIT AKIHABARA~COMFORT CAPSULE HOTEL~ (グランジット アキハバラ~コンフォートカプセルホテル~)」の魅力について紹介してきました。

グランピング要素を取り入れたこのカプセルホテルは、他にはない、とにかく過ごしやすい設計です。

さらにセキュリティ面でも安全に利用できる環境なので、男女共に安心して利用することができます。

ちょっとした用事で秋葉原へ訪れる際は、是非利用してみてはいかがでしょうか。