2018年9月にロンドンでニューオープン予定のバンクサイド

2018年9月に、ロンドン テムズ川の南岸にBankside、Trendy South BankホテルがNew OPEN!

ロンドンと言えばテムズ川と連想する方も多いこの場所に新ホテルが建つということで既にご存知の方もいるとは思います。

当サイトでも、現在確認できる情報を集めてみましたので是非チェックしてみて下さい。

そこで今回は、2018年9月にオープン予定の「Bankside set to debut in London」「(仮)Trendy South Bankホテル」の詳細について紹介してきます。

2018年ロンドンでオープンするバンクサイドとは

Bankside

出典 : http://www.breakingtravelnews.com/

2018年9月にロンドンでオープンするバンクサイドは、ロンドンのサウスバンクにある「One Blackfriars」の開発の一環であるマルチ階建てのガラス構造になっている新ホテル「(仮)Trendy South Bankホテル」。

テート・モダン、国立劇場、ボルウマーケットなど首都で最も愛されているランドマークの近くにあります。

モダンなデザインの美しさと活気のあるインテリアがマッチしたホテルになることでしょう。

デザインは、インテリアデザイナーで、元映画制作者のDayna Lee氏。

Lee氏は、「私たちは、静かな部屋と活気に満ちた歴史のあるコミュニティを反映した、現代的な思考のための真のブティックホテルを作りたいと思っていました。棚用の陶器乾燥ラック、子供の革で覆われた家具はアートスクールの経験を呼び起こし、豪華なカスタムメイドの特徴がたくさんあります。」と語っています。

世界的にも有名なインテリアデザイナーが手がけたホテルと言うこともあり、私を含め完成を楽しみにしている方も多いでしょう。

このホテルには、7つのスイートを含む161の客室を予定。

さらに、70カ所のレストランやバーも併設され、レストランの詳細はまだ非公開ですが、季節の食材を中心としたスタイルになるようです。

One Blackfriars開発とは

Bankside

出典 : https://www.berkeleygroup.co.uk/new-homes/london/southwark/one-blackfriars

One Blackfriarsは、ロンドンのBanksideにある「Blackfriars Road 1番地」の建設中の複合用途開発のこと。

開発は、最大高さ170mの52階建てのタワーと、6階建てと4階建て、2階建ての建物から構成されています。

用途は主に、住宅用マンション、ホテル、小売業を含んだ複合施設。 さらに、新しいパブリックスペースなども造られる予定となっています。

非公開な情報も多く完成間近までわからない点なども多くありそうです。

また、このサイトは、以前セインズベリーのスーパーマーケットの本部が占拠していた場所でもあります。

One Blackfriarsが位置する場所は、テムズ川を眺望する最高のロケーション。

170メートルの高さのタワーは、サウスバンクでのロンドンの豊かな文化生活を受け入れる理想的な場所。

One Blackfriarsは、街を一望でき、数々の賞を受賞した「SimpsonHaugh Architects氏」の独創的なデザインを基に構築され、建築的な輝きを放っています。

One BlackfriarsロンドンSE1 9PBを簡単にまとめると、

  • 50階建て、170メートルの高層タワー
  • ロンドンのスカイライン上の素晴らしいパノラマの景色
  • 広々とした明るい住居
  • 優秀な住民の施設
  • 161ベッドルームブティックホテルと美しい広場
  • 先端技術と完璧なデザイン

このように、One Blackfriarsはロンドンに壮大なスケールのスカイラインとなる建物を計画しているのです。

バンクサイドホテルまとめ

いかがでしたか?

今回は、2018年ロンドンでオープンするバンクサイド「(仮)Trendy South Bankホテル」とOne Blackfriars開発について紹介してきました。

現段階では公開されている情報も少なく多くのことはお伝えできませんでしたが、今後新しい情報があればどんどん追加して紹介してきます。

しかし、このような素晴らしい建物ができるということだけでも覚えておけば、完成していくさまをリアルタイムで確認することもできるかもしれません。

完成した際は是非、訪れてみてください。