2019年のオープン予定!森トラストによる「沖縄伊良部島計画」

森トラストは丸の内トラストタワーや東京汐留ビルディング、赤坂ツインタワー、城山ガーデンなどの管理運営を行っている企業で、森ビルグループの姉妹企業です。

森トラストはリゾート開発に力を入れており、その計画の一つに伊良部島にラグジュアリーなホテルを建設するというものです。

2020年の東京オリンピックで外国人が日本に多く訪れることから2019年のオープンを目指して建設中です。

今回は沖縄伊良部島計画についてご紹介します。

もくじ

伊良部島について

伊良部島について

出典 : https://ja.wikipedia.org/wiki/

みなさんは伊良部島(いらぶじま)についてご存知ですか?

あまり聞かない島ですが、宮古列島の島のひとつで沖縄県宮古島市に属しています。

珊瑚が隆起してできた島で、標高89mの牧山が最高地点のとても平坦な島です。

2015年1月31日に宮古島と伊良部島とを結ぶ全長3,540mの永良部大橋が完成し宮古空港から陸路のみで訪れるようになったので今観光客が増えている島の一つなのです。

綺麗な砂浜が特徴的で、カリブ海に浮かぶ島のように透き通った海と白い砂浜が楽しめます。

伊良部島で一番の高台である牧山展望台からは伊良部大橋や美しい海を一望でき、美しい自然の景観を楽しめ、宮古島・来間島・池間島の3島までも見渡せる絶好のロケーションです。

伊良部島の美しい大自然が織り成す景観を求めて国内外から人が集まっています。

そこに目を付けたのが今回のリゾート開発プロジェクトです。

その全容を見ていきましょう。

伊良部島のリゾート開発

伊良部島のリゾート開発

出典 : http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0451507_01.JPG

森トラストが発表している計画では、渡口(とぐち)の浜の海岸沿いに国際基準のサービスを提供するラグジュアリーホテルを建設する計画で伊良部島の土地7338平方メートルを取得したと発表しており、2017年7月18日に地鎮祭を行って工事に着工しました。

プライベートプール付き客室を含む60室全てでオーシャンビューを楽しめる設計となっています。

プールサイドに手すりなどの視界を遮るものがなく、目の前に広がる海と繋がっているかのような感覚を味わえるインフィニティプールも設ける予定で、透明度の高いエメラルドグリーンの海を余すところなく満喫できます。

沖縄は世界屈指の美しい海が魅力なので、海を全面にアピールすることで国内外からの観光客を確保する思惑ですね。

インフラが整って利便性が向上したからこそ観光客が訪れやすく、伊良部島のような島にも富裕層向けのラグジュアリーホテルの需要が高まってきたわけです。

実際に森トラストグループは日本における「ラグジュアリー・ディスティネーション・ネットワーク」の創造を掲げており富裕層向けのホテル開発を次々に進めています。

現在公開されている情報は完成外観イメージと客室数、大まかな設備のみです。

オープン予定は2019年、遅くても2022年なので、まだこれだけの情報しか出ていないのが現状です。

伊良部島は小さいですが、有名な観光名所から知る人ぞ知る隠れた観光地まで沢山あります。

そこで伊良部島の魅力についてもご紹介していきます。

伊良部島の観光地

伊良部島の観光地

出典 : https://kaumo.jp/topic/52830

手つかずの自然が残る美しい島ですが、一体どのような魅力があるのか気になりますよね。

美しい自然が作り出す景色、昔から住んできた人々の知恵、綺麗な海だからこそ楽しめるダイビングなど様々です。

そこで小さな伊良部島に隠された観光名所もご紹介します。

森トラストグループが建設中のホテルが完成し、伊良部島を訪れた時にぜひ参考にしてみてください。

青の洞窟

青の洞窟

出典 : http://mpm.blog19.fc2.com/blog-entry-562.html

海水の浸食によって出来た洞窟で、洞窟内の海面が太陽光によって青く光り輝く事で青の洞窟と呼ばれるようになりました。

イタリアのカプリ島にある青の洞窟が世界的にも有名ですが、日本でも北は北海道から南は沖縄まで青の洞窟を楽しめるスポットはあり、その一つが伊良部島にあります。

イタリアのカプリ島は船で行くのに対して伊良部島の青の洞窟はシーカヤックかシュノーケリングで行くので、雄大な海を直に体感できる貴重なツアーとなってます。

神秘的な青い洞窟を体験出来るマリンアクティビティは人気が高く、この洞窟とシュノーケリングを楽しみたくて訪れるダイバーも多いほどです。

泳ぎに慣れていない方でも安心のシーカヤックもありますので、伊良部島に訪れた際はぜひ青の洞窟探検をしてみてください。

渡久山酒造所

渡久山酒造所

出典 : http://www.okinawa-awamori.or.jp/

伊良部島のミネラル豊富な地下水を利用して泡盛を作っている昭和20年創業の造酒所です。

風味豊かな味わいが特徴で、泡盛初心者にも飲みやすいテイストになっています。

予約制ですが、製造工場を見て回る工場見学も行っています。

お酒が好きな大人の方にはぜひ訪れて頂きたい伊良部島の隠れた観光地です。

泡盛にはアンチエイジング効果も期待できるので、美容のために嗜んでみてはいかがでしょうか。

お土産にも最適で、旅の思い出として泡盛をお友達に持ち帰ってみてください。

西海岸公園

西海岸公園

出典 : http://www.tabirai.net/…

伊良部島の最北端に位置するフナウサギバナタから白鳥崎周辺の岬を西海岸公園と呼んでいます。

綺麗な海を一望でき、記念写真を撮る人も多いスポットです。

ゴツゴツとした岩場が広がる場所で、少し沖に出るとダイビングポイントも多くあるので停泊している船をゆったりと眺められることも。

小さな展望台もありますのでドライブの休憩に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

海は潮の流れが速く岩場ばかりなので海水浴には適していませんので注意して下さい。

ラグジュアリーなリゾートホテル

リゾートホテル

出典 : https://travel.rakuten.co.jp/mytrip/amazing/infinity/

ここまでで伊良部島についてわかってきたと思います。

伊良部島に新しくラグジュアリーホテルがオープンすると言ってもどのようなホテルなのか気になりますよね。

国内の富裕層向けホテルは数多くありますが、リゾート地に建設されている高級ホテルは数が少ないのが現実です。

既に宮古島にあるラグジュアリーなホテルを参考に島のリゾートはどのようなものなのか見ていきましょう。

THE SHIGIRA(シギラ)

THE SHIGIRA(シギラ)

出典 : https://www.ikyu.com/concierge/3415

宮古島にある最高級リゾートで、宮古島の真っ青な海を満喫できるホテルです。

竜宮のお姫様に由来する地名にちなんでつけられた名前で、まさに竜宮城に訪れたかのような気分を味わえます。

全ての客室に温水のプライベートプールが付いており、いつでもお楽しみいただけます。

開放的なアウトドアリビングからは綺麗な宮古島の海、洗練された中庭がご覧いただけます。

シギラの専用ビーチにはカバラが設置してありますので、飲み物を飲みながら海を眺めて会話に花を咲かせるという使い方もできます。

純白のビーチでロマンティックな雰囲気を

島ならではの広い土地を生かした専用のゴルフ場も完備しており、宿泊の方は全18ホール全てを何回でもご利用いただけます。

宮古島の自然をダイレクトに感じながらプレイが出来ますので、南国の島ならではの楽しさがあります。

このような豪華な設備だけでなく、サービスも上質なものを提供しています。

1泊につき1回45分エステティシャンが部屋に伺い、インルームエステをお受けいただくことができます。

スイスの高級リゾート地モントルーで探し出されたアンチエイジング成分を配合した次世代フェイシャルスキンケアは肌を若々しくし、潤って艶やかな質感になります。

南国の紫外線で痛む肌のケアをぜひ極上の空間でお楽しみください。

名称 THE SHIGIRA(シギラ)
所在地 沖縄県宮古島市上野新里1405-3(Google map
公式サイト https://www.nanseirakuen.com/index.html

沖縄伊良部島計画まとめ

いかがでしたか?

今回は沖縄伊良部島計画についてご紹介しました。

森トラストグループの伊良部島resort開発は2017年現在は着工して間もなく、詳しい内装やサービスなどの情報は限定されています。

今列島は観光客が増加しており、昔から南国の楽園として知られていた沖縄県本島以外にもホテルが急増中です。

THE SHIGIRAのように富裕層向けのリゾートは日本人以外にも海外から訪れる人も多く、日本を楽しんでもらう絶好のスポットです。

日本の海は世界でもトップレベルのきれいさで、サンゴ礁を求めて世界からダイバーが訪れるほどです。

ぜひ伊良部島にご宿泊の際はダイビングも楽しんでみてください。