大阪・梅田の豊かな緑に囲まれた「ウェスティンホテル大阪」の魅力

大阪の中心地・梅田。

その大阪駅北側には、自然の森をはじめとした豊かな緑に囲まれた場所に、ラグジュアリーなホテル「ウェスティンホテル大阪」があります。

ウェスティンブランドの日本第一号として1993年にオープンしたこのホテル。

今回はこの、大阪・梅田にあるラグジュアリーなホテル「ウェスティンホテル大阪」の魅力について紹介します。

「ウェスティンホテル大阪」の魅力

豪華なラウンジ

出典 : https://www.westin-osaka.co.jp/

「ウェスティンホテル大阪」は、温かく上質なおもてなしの館として、「お客様の“Recharge”のために-」を掲げ、訪れた方誰もが快適な時間を過ごせるホテルです。

大阪の中心地・大阪駅北側に位置しながら、ロビーにつづく”中自然の森”をはじめ豊かな緑に囲まれています。

1993年に開業して以来、築き上げたおもてなしで、訪れた方の満ち足りた時間を約束してくれます。

また、“東洋と西洋の文化が華開いた安土桃山時代と西洋の融合”をコンセプトとして造られたウェスティンホテル大阪は、ヨーロピアンクラシックとジャパネスクの煌びやかな調和を表現した“都会のオアシス”と言えます。

「ウェスティンホテル大阪」の客室

夜景が綺麗

出典 : https://www.westin-osaka.co.jp/

「ウェスティンホテル大阪」の客室は全室が 41㎡ 以上の広々としたお部屋。

窓からは大阪の夜景を一望することができ、客室はスイートを含むさまざまなタイプの全303室あります。

ベッドはウェスティンホテル&リゾーツオリジナルの「雲の上の寝心地」と称されるヘブンリーベッドを採用し、快適なホテルステイと快適な安眠が約束されています。

エグゼクティブスイートの客室は、100㎡と“セレブリティ”な気分を味わえる客室で、特別な日のご利用にも最適です。

お風呂にはジェットバスが完備され、専用ラウンジでくつろぎの時間といった贅沢な1日を過ごすことができます。

ふかふかのベッド

出典 : https://www.westin-osaka.co.jp/

「ウェスティンホテル大阪」のレストラン

おしゃれなお料理

出典 : https://www.westin-osaka.co.jp/

「ウェスティンホテル大阪」では、さすがラグジュアリーホテルと言えるほどの、豊富なレストランが用意されています。

緑あふれる自然を眺める空間で、ブッフェやイタリアンが楽しめる「レストラン アマデウス」、広東料理の「故宮」、日本料理、鉄板料理、寿司「はなの」などがあります。

さらに、ティータイムでは、シェフパティシエ山口慎吾が作る、季節のアフタヌーンティーも用意。

季節を感じるスイーツと一緒に、シャンパンやティータイム限定のスペシャルドリップコーヒーも愉しむことができます。

ステーキ

出典 : https://www.westin-osaka.co.jp/

リラクゼーションサロンで至福のマッサージ

マッサージ

出典 : https://www.westin-osaka.co.jp/

ホテル8階にあるリラクゼーションサロンでは、ヒーリングミュージックが流れた空間で、静寂に包まれる至福のマッサージを受けることができます。

高い技術とホスピタリティを兼ね備えたプロのエステティシャンが、 ボディだけでなく体の中からもリラックスさせてくれます。

また、客室への出張サービスもあるので、疲れた体を癒すのに最適です。

心身をリフレッシュするフィットネス

プール付き

出典 : https://www.westin-osaka.co.jp/

ホテルの6階には、心身をリフレッシュすることができる大人のためのフィットネスクラブも用意。

プール、ジム、サウナを無料で利用することができ、コンディショニングケアやスイミングなどリチャージャブルな体験をすることができます。

エグゼクティブクラブフロアならではの特典ですが、訪れた際は利用したくなる空間です。

これだけの贅沢が詰まったラグジュアリーなホテルなら、利用してみたいと思いませんか?

名称 ウェスティンホテル大阪
所在地 大阪府大阪市北区大淀中1-1-20 新梅田シティ内(Google map
公式サイト https://www.westin-osaka.co.jp/

Instagramでみる「ウェスティンホテル大阪」

View this post on Instagram

“THE WESTIN OSAKA” Deluxe King Room,Rm.2001 … 41㎡とゆとりのある空間は “水と大地”をイメージしたインテリア? レギューラーフロアでこの仕上がり。 客室カテゴリーとしては、 “デラックス(8~20floor)” “ラグジュアリー(21~25floor)” “エグゼクティブ(26~30floor)” 階数だけでなく、それぞれインテリア の異なる部屋が用意されている。 … 外資系ラグジュアリーが少なかった 1993年当時としては驚きのゆとりだ。 翌年開業したパークハイアット東京も 開業準備にあたりウェスティン大阪の ディテールを参考にしていたのも 頷ける。 … #thewestinosaka #starwoodpreferedguest #westin #luxuryhotel #interiordesign #interior #instagramjapan #spg #hotellovers #travelpics #instagood #umedaskybuilding #osaka #ウェスティンホテル大阪 #ウェスティン #インテリアデザイン #ホテルライフ #ホテルステイ #大阪

Taka§hi_Yさん(@1harbour.road122)がシェアした投稿 –

まとめ

いかがでしたか?

今回は、大阪・梅田にあるラグジュアリーなホテル「ウェスティンホテル大阪」の魅力について紹介してきました。

“東洋と西洋の文化が華開いた安土桃山時代と西洋の融合”をコンセプトとして造られたウェスティンホテル大阪は、ヨーロピアンクラシックとジャパネスクの煌びやかな調和を表現した“都会のオアシス”。

訪れた方を満足させてくれる客室や、レストラン、おもてなしなど魅力が詰まったホテルなので、お近くへ旅行などで訪れる機会があれば、是非利用してみて下さい。