1日1組限定のグランピング施設「グランピングボンゴ余市」の魅力

北海道ニセコ町の本格ログハウスコテージ「ボンゴ広場」は、「マッサン」などでも有名な余市町に1日1組限定のグランピングを満喫できる「グランピングボンゴ 余市」を開始しました。

グラマラス(glamorous)とキャンピング(camping)の造語であるグランピングは、キャンプ場のサービスを高級ホテル並にした至れり尽くせりの施設。

今回はこの、1日1組限定のグランピングを満喫できる「グランピングボンゴ 余市」の魅力について紹介します。

「グランピングボンゴ 余市」の魅力

テント前で自然を堪能

出典 : https://www.bongoniseko.com/

「グランピングボンゴ 余市」は、北海道の余市町の余市エコビレッジと呼ばれる場所に位置し、1日1組限定で利用することができるグランピング施設です。

エコビレッジでのグランピング体験は、他のグランピング施設とは違い若干不便に感じる部分もありますが、便利さだけを追求し続けた、現代社会から少し距離をおいて、自然の流れを感じられる体験ができるグランピング施設です。

この場所では、自給自足、雨水や排水の再利用、家畜との暮らし方など様々な体験プログラムも用意されているので、学校では教わることのない、生きていく上で大切なことを学ぶこともできます。

また、敷地内には果樹園、農園、学び舎、林の散歩道、タイニーハウスなど魅力的な空間も用意。

手ぶらで楽しくキャンプを楽しみたい方におすすめできるグランピング施設です。

広々ベッド

出典 : https://www.bongoniseko.com/

テント内はテントとは思えない広々とした快適な空間。

宿泊する方が寝やすいようにベッドが設置されているので、安眠も約束してくれます。

室内だけを見るとまるでホテルの一室のようで贅沢なキャンプ体験をすることができます。

バーベキューを楽しむ

出典 : https://www.bongoniseko.com/

BBQコンロ、タープ、テーブル、椅子、簡易炊事スペース、包丁、まな板、フライパン、クーラーボックス、保冷剤、網、鉄板、トングなどは全て宿泊料金に含まれているので自分たちで用意する必要はありません。

テントの外では気軽にBBQを愉しむことだってできます。

発電機、カラオケ、大きな音の出るもの、打ち上げ花火、他人に迷惑をかける行為などは禁止されていますが、これら以外ならこの場所を自由に活用して遊ぶことができます。

周りの自然豊かな環境を利用して、その場その場で思いつくまま、自由に遊んでみるのもいいですね。

気分はまるで少年・少女に戻ったかのように常に笑顔でいられるはずです。

グランピングに含まれるものは、上記の備品以外に、テント、ベッド、照明などが用意されています。

料金は、2名利用 12.000円、3名利用 16.000円、4名利用 20.000円とリーズナブルな値段なので、空いている日であれば気軽に利用できるのも魅力的です。

テント

出典 : https://www.bongoniseko.com/

アウトドア初心者から女性だけの女子会など幅広く利用することができるので、いつもとは違う雰囲気で、ちょっとスリリングなキャンプ体験をしたい方にもおすすめです。

夜は、満天の星空を眺めながらのんびりと過ごすのもいいですね。

自由に、思うがままに、日々の騒音を忘れて、静かに滞在してみてはいかがでしょうか。

余市のちょっと贅沢なキャンプ体験、してみたいと思いませんか?

名称 グランピングボンゴ 余市
所在地 北海道余市町 Google map
公式サイト https://www.bongoniseko.com/…

Instagramでみる「グランピングボンゴ」

Home bakery. #ボンゴ広場 #ニセコ #グランピング #wwoof #グランピングボンゴ

Yohei Sasakiさん(@ninjayohei)がシェアした投稿 –

まとめ

いかがでしたか?

今回は、1日1組限定のグランピングを満喫できる「グランピングボンゴ 余市」の魅力について紹介してきました。

グランピングボンゴ余市は、北海道ニセコ町の本格ログハウスコテージ「ボンゴ広場」の新しくオープンしたグランピング施設です。

余市町という自然豊かで過ごしやすい場所にオープンしたこのグランピング施設はアウトドアを満喫するのに最適です。

1日1組となかなか予約がとりにくい点もありますが、希望する日に宿泊することができるようなら、是非利用してみて下さい。

素敵な思い出を作れるはずです。