北極圏で楽しむ移動式グランピング「NATURAL WORLD SAFARIS」

極寒の地として知られる北極圏にはホッキョクグマやセイウチ、トナカイ、アザラシなどが生息しています。

どこまでも続く氷の世界の中で生きている動物たちを探す冒険を楽しめるのが「NATURAL WORLD SAFARIS(ナチュラルワールドサファリ)」です。

北極に近いカナダで楽しむグランピングで、今までにない体験ができる体験型グランピングとなっています。

今回は、「NATURAL WORLD SAFARIS(ナチュラルワールドサファリ)」の魅力について紹介します。

北極圏で楽しむグランピングとは?

白熊とお花

出典 : https://www.naturalworldsafaris.com/polar-regions/arctic-canada

皆さんは北極圏にはどのようなイメージをお持ちですか?

とにかく寒い・何にもない・危ないといったイメージがあるかと思いますが、北極圏は様々な魅力が隠されている話題のグランピングスポットなのです。

海へ目を向ければ大きなクジラに長いツノを持つイッカク、小魚を狙うアザラシにカモメなど様々な動物が住んでいるのです。

間近で見るホッキョクグマの迫力に圧倒されたり、氷の上でのんびりと日向ぼっこをしているアザラシには癒されます。

他にも自然が作りだす氷の造形は思わず写真に収めたくなる不思議な魅力があります。

そんな北極圏でグランピングを提供しているがNATURAL WORLD SAFARIS(ナチュラルワールドサファリ)です。

アークティック サファリキャンプではどのような北極圏体験ができるのか見ていきましょう。

ナチュラルワールドサファリの魅力

白熊さんアップ

出典 : https://www.naturalworldsafaris.com/polar-regions/arctic-canada

カナダ国内の北極に近い北側でグランピングを提供しているナチュラルワールドサファリは過酷な自然の中を探索する冒険に特化したグランピングです。

北極圏の厳しい環境でも快適に冒険が楽しめるように専属ガイドを数名雇い、万全の体制で冒険に臨みます。

テントは簡易ながらもしっかりとしていて、不自由なく過ごせるように工夫されています。

ナチュラルワールドサファリの魅力は何と言ってもツアー数の多さにあります。

ご自身の体験してみたいツアーを選択し、実際に訪れる感動は何とも言い難い体験です。

北極カナダで体験できるアクティビティ

白熊ツアー

出典 : https://www.naturalworldsafaris.com/polar-regions/arctic-canada/arviat

まずはアクティビティから見ていきましょう。

北極圏に近いカナダで楽しむグランピングでは楽しめるアクティビティが4か所あり、それぞれ違った魅力があります。

人の居ない場所を訪れるものから、僅かに人が住んでいる町を訪れるものなど様々です。

どのツアーを選択するかで宿泊する場所も変わるので、体験してみたいアクティビティから決めるのが良いでしょう。

アークティック サファリキャンプが提供しているアクティビティを4つご紹介します。

ARVIAT(アルビャット)

くつろぐ白熊

出典 : https://www.naturalworldsafaris.com/polar-regions/arctic-canada/arviat

ハドソン湾の西岸に位置しているアルビャットを訪れるアクティビティです。

人口わずか23,000人ととても少ない町の約95%はイヌイットと言われ、狩猟を基本とした原始的な生活が根付いている地です。

イヌイットの文化を知り、食べ物の調理方法を学んでイヌイットの一員になる体験ができます。

イヌイットの民族はInukitukと呼ばれる言語を話しますが、英語での会話も可能なのでコミュニケーションをとることも出来るのです。

冬は寒くて冷たい土地となりますが、夏になれば小さな花や様々な種類のコケに大地が覆われ、たくさんの鮮やかな色が覆いつくす美しい町です。

今まで知らなかった寒い土地の魅力を目に出来ると共に、私たちが忘れていた原始的な生活を体験できるのです。

BAFFIN ISLAND(バフィン島)

バフィン島

出典 : https://www.naturalworldsafaris.com/polar-regions/arctic-canada/baffin-island

グリーンランドのすぐお隣にあるバフィン島を訪れるアクティビティです。

推定人口11,000人の小さな島で、暮らしている人の大多数はイヌイット民族です。

東海岸に沿って険しい山々が連なり、まるで海から大地を守る盾のような形を形成しています。

島の西側は通年閉鎖されていますが、夏になると東側は観光客に開放され、氷河や氷山、氷のクリスタルを楽しむことが出来ます。

様々な海洋生物も顔をのぞかせ、船に乗って海を冒険するとより楽しい場所となっています。

サファリスタイルのテントを利用して海岸にキャンプし、グルメ料理を楽しんだりできるのでオススメなアクティビティです。

イヌイット・ガイドと共に釣りに出かけたり、ハイキングを楽しむなど楽しみ方は人それぞれ。

温かい夏の時期に訪れると快適に過ごせるでしょう。

CHURCHILL(チャーチル)

シルバーウルフ

出典 : https://www.naturalworldsafaris.com/polar-regions/arctic-canada/churchill

チャーチルはハドソン湾の海岸沿いに位置する人口約1,000人の小さな町です。

大きな凍結という意味を持つツンドラを歩き回ったり、ホッキョクグマを見るツアーが人気です。

7月末にはハドソン湾にある氷が全部溶けて、上陸するホッキョクグマがたくさん楽しめるスポットです。

多くの野生動物ドキュメンタリー番組の撮影の地として選ばれており、世界のホッキョクグマキャピタルとして知られています。

氷が溶けるとハンティングが難しくなるホッキョクグマは陸上で食べ物を探してさまよい、時には町を訪れることもあります。

ハドソン湾が凍結を始める時期になると何千ものクマが半島を訪れ、絶景を作りだします。

ELLESMERE ISLAND(エルズミア島)

エルズミア島

出典 : https://www.naturalworldsafaris.com/polar-regions/arctic-canada/ellsmere-island

カナダで3番目に大きく、世界では10番目に大きいエルズミア島を訪れるアクティビティです。

最も山岳地帯が多く、コルディジェラという民族が支配している島で、冬は厳しい寒さとなりますが夏の間は綺麗な花が咲く世界有数の美しい島なのです。

約4000年前に人が住んでいた形跡がありますが、1616年に発見されてから19世紀まで未踏の地で、アメリカの探検家によって踏破されました。

ここに生息する野生動物はカリブーやホッキョクオオカミ、ホッキョクグマといった北極の肉食動物・草食動物が混在しています。

約30種類の鳥類が観測できるだけでなく、海洋哺乳類も陸から見ることが出来るので自然愛好家にはたまらないスポットです。

ナチュラルワールドサファリの宿泊地

雪の中にテント

出典 : https://www.naturalworldsafaris.com/polar-regions/arctic-canada/arctic-safari-camp

ナチュラルワールドサファリではアクティビティによって宿泊地を用意しています。

数ある宿泊地から選べるものもあれば、移動式のテントに宿泊するものなど種類があります。

ナチュラルワールドサファリが提供しているキャンプをご紹介します。

ARCTIC SAFARI CAMP(アークティックサファリキャンプ)

気球から自然を堪能

出典 : https://www.naturalworldsafaris.com/polar-regions/arctic-canada/arctic-safari-camp

カナダの寒い冬でも乗り越えられる移動式キャンプのARCTIC SAFARI CAMP(アークティックサファリキャンプ)では簡易的なテントを使用します。

年々改善され、快適な宿泊施設になっていますが、内装はシンプルで移動のしやすさと居住性に特化した作りとなっています。

陸上・氷上問わずどこでも設営が可能で、カナダの厳しい自然の中でも最高のパフォーマンスを発揮してくれます。

全7テント設置され、ダブルベッド・ツインベッドから選択が可能です。

テント内にはなんとヒーターに電源コンセントも設置され、快適性は抜群。

他にもシャワーテント・シンク付きのトイレ、食事用のテーブルと快適な座席、ちょっとした遊び心として野生動物の本も置かれています。

スナックやドリンクを24時間利用可能で、サファリに出かけている間はピクニックランチをお楽しみいただけます。

夕食は自然の中でBBQを楽しみ、自然の中での暮らしを思う存分満喫しましょう。

ARCTIC TENTED CAMP(アークティック テントキャンプ)

移動式テント

出典 : https://www.naturalworldsafaris.com/polar-regions/arctic-canada/arctic-tented-camp

こちらの移動式のテントで、サファリと旅行の時間に応じて氷上・地上に設置します。

明かりを灯せば温かみのあるオレンジ色に光り、真っ白な北極圏にぽつんと存在する宝石のような美しさがあります。

テント自体は小さく、二人寝るので精一杯ですが、簡易ベッドが室内にあるので地面からの冷たさを完全に遮断します。

底冷えもしませんし、風を通さないテントなので室内は暖かく極寒の地でも快適に睡眠をとることが出来ます。

これだけ魅力的な体験型グランピングなら、訪れてみたいと思いませんか?

名称 NATURAL WORLD SAFARIS(ナチュラルワールドサファリ)
公式サイト https://www.naturalworldsafaris.com/

まとめ

いかがでしたか?

今回は「NATURAL WORLD SAFARIS(ナチュラルワールドサファリ)」の魅力について紹介してきました。

一般的に北極圏と呼ばれる極寒の地で楽しむグランピングでしたね。

厳しい自然の中で暮らす動物たちを見るだけでなく、北極圏の寒さも身をもって知ることが出来る貴重なツアーです。

ラグジュアリーな宿泊所とはいきませんが、十分快適な空間を提供しています。

過酷な自然の厳しさ、動物たちのたくましい姿を一目見てみたい方はNATURAL WORLD SAFARISを利用してみてください。