ビーチのすぐそば!沖縄かりゆしビーチリゾートでグランピングを体験してきました

沖縄県のなかでもリゾート地になる恩納村にあるリゾートホテル、「沖縄かりゆしビーチリゾート」でグランピング体験をしてきました!

2月に男女2人づつの4人での旅行。ちなみに宿泊した際のお値段は1名20000円、4月(現在)の1名価格は30000円。

かりゆし本館

夕方17時頃に本館のフロントで受付後、車で3分程度離れたビーチに移動。

ビーチの表にはコンビニと海用品取り扱いのショップがあり、そこの駐車場に車を停めておけます

かりゆしビーチ

ビーチからは海が一面に見る事ができ、海も透明度が高くとても綺麗。しかしまだ暖かくなる前で天気もよくなく、これが天気も時期もよければ最高のロケーションになるかと

かりゆしビーチリゾート

簡易的にみえるが寝てみると快適なハンモックベッド。これで天気がよかったら…

かりゆしビーチリゾート

テントはこのような感じ。なかに入ると以外に広いです。ちなみに予約が入らないときは毎回たたんでいるそう

かりゆしビーチリゾート

ディナーは18時ごろ、テント外に置いてあるテーブルに座り、シェフが目の前でディナーを料理を行い提供してくれる贅沢なスタイル。

かりゆしビーチリゾート料理

天気が悪かったこと、2月という時期、さらに風が強いのもあり、非常に寒く、楽しく料理を楽しめる状態ではなかった。行くならもう少し暖かい時期がよいかもしれないです

かりゆしビーチリゾート料理

食事の量も少なめで少し満たされなかった。

かりゆしビーチリゾート料理

風も強くせっかくシェフに作ってもらった料理も、食べる頃には冷めてしまったのが残念

かりゆしビーチリゾート

テントは日が暮れる前と暮れた後の雰囲気がまったく違い、間接照明でオシャレにライトアップされていました。

かりゆしビーチリゾートテント内

室内はバリ風の雰囲気の内装で、暖房器具もなかったが意外に暖かく、空間も広く雰囲気も良かった。

かりゆしビーチリゾートテント内

天井がとても高くなっているので、外から見るよりか中に入ってみると空間が広く感じられる作りになっています。

かりゆしビーチリゾートテント内

地面は固すぎず、柔らかすぎず居心地のよい感じに。

かりゆしビーチリゾートテント内

おしゃれなレースカーテンで雰囲気をもりあげてくれます

かりゆしビーチリゾート

アメニティーグッズは充実していたが、近くに水道がなかったため、どのタイミングで使用すればよいか分からず。

かりゆしビーチリゾート

お風呂は本館まで行かないといけないのが少々面倒。本館はカラオケルーム、ゲームセンターお土産コーナーもあり、充実していました。

かりゆしビーチリゾートベッド

風が強かったのでテントがガサガサとなりましたが、広めのベッドは寝ていてとても寝心地はよかったです。

ちなみにコンセントの数は充実しており、コンセントの譲り合いがなかったのは良かったですね。

かりゆしビーチリゾート朝食

翌日も天気がすぐれなかったですが、外でとる開放的な朝食は気分もとてもよく美味しく感じます。

かりゆしビーチリゾート朝食

朝食はサンドイッチとキッシュとフルーツ入りのヨーグルト(味は2種類あった)、フルーツジュースもしくはホットコーヒー。

かりゆしビーチリゾート朝食

サンドイッチは冷えてても仕方ないが、夜の料理は目の前でシェフが料理してるはずなのに冷えていたから期待値が下がったのかもしれない。

店員さんの対応は非常に良かったが、トータルして微妙だったため、もう1回行きたいとは思わなかった。

かりゆしのグランピングは、まだまだ模索しながら営業している印象でありました。

ドラえもんソーキそば

帰りは国際通りにある「ドラえもん」というお店でソーキそばを食べた。麺は中太、あっさりしたスープの中にじっくり煮込んだソーキ、美味しかった。

プリントTシャツ

おみやげをいろいろと見ていたら、面白いプリントTシャツを発見

A&Wハンバーガー

最後にA&Wの本店のハンバーガーを食べて帰りました。