2018年初夏にオープンする2万冊を集めたブックホテル「箱根本箱」

神奈川県は箱根温泉。

この場所に、2018年初夏に、国内外の良書2万冊を集めたブックホテル「箱根本箱」がオープンします。

今までにない新スタイルで、多くの本と温泉を兼ね備えたこのホテルは既に注目を集めています。

今回はこの、2018年初夏にオープン予定するブックホテル「箱根本箱」について紹介していきます。

2018年初夏に誕生!「箱根本箱」

ラウンジ 本棚 ホテル

出典 : http://hakonemag.com/

2018年初夏に神奈川県箱根温泉に新しくオープンするブックホテルを中心とした複合施設「箱根本箱。

本に囲まれて「暮らす」ゆおうに滞在をコンセプトに造られたこのホテルは、国内外の
良書2万冊を集めたブックホテルで、今までにない新スタイルのホテル。

以下は公式サイトの引用になりますが、

この施設は、日本出版販売株式会社が箱根強羅温泉に所有する保養所『あしかり』を全面リノベーションするもので、「本箱」という名称は「本」と「箱根」を掛け合わせたもの。

“本離れ”が進む社会のなかで、“本との距離がぐっと縮まる”“本と一緒に暮らしたくなる”ような様々な仕掛けを「箱」に散りばめています。

出典 : http://hakonemag.com/

このような訪れた方を楽しませてくれる様々な仕掛けが散りばめられたホテルとしてオープンするようです。

「箱根本箱」は、箱根登山鉄道ケーブルカーの中強羅駅から徒歩4分という最高の立地にあり、箱根の自然を感じながら読書。なんていう贅沢な時間を過ごすことができます。

都会の騒音に疲れ、のんびり過ごしたい方にもおススメできるホテルになることでしょう。

全国でも有数の温泉リゾートとして知られているこの場所には、1年を通じて多くの観光客が来訪します。

この場所は、文化人や財界人の別荘地として栄え、今でも個人の別荘や企業の保養所が多々点在するエリアです。

「ブックホテル」を核に「ブックストア」 「温泉」 「レストラン&カフェ」 「ショップ」 「コワーキングスペース」を併設しオープンするようなので様々な目的での利用も可能です。

また、いずれの目的で訪れても日帰りで利用することも可能なようなので人気の場所になることでしょう。

ロビー 本箱

出典 : http://hakonemag.com/

客室内は、このように周りの景色を眺めることができる明るく落ち着いたお部屋のようです。

各部屋には、美肌の湯で知られる「強羅温泉」が引かれた露天風呂が備え付けらるようで、本を読み疲れたらすぐに温泉へ浸かるという贅沢な時間を過ごすことができます。

リラックスしながらリフレッシュまで出来る新感覚のホテルと言えます。

この個室露天風呂のほかには、男女別大浴場があり、強羅温泉の源泉から引いた無色透明の内湯と、大涌谷温泉から引いた白濁した硫黄泉の露天風呂が用意されているようです。

読書を楽しみながら、源泉かけ流しの様々な泉質が愉しめるのも魅力的ですね。

本を読む コーヒー

出典 : http://hakonemag.com/

そんな魅力あふれる「箱根本箱」ですが、すでに予約の受付をスタートしています。

先行して夏休み・8月1日以降〜の予約を受け付けているようなので、気になる方は是非「公式サイト」をチェックしてみて下さい。

2018年初夏にオープン予定のブックホテル「箱根本箱」。

利用してみたいと思いませんか?

名称 箱根本箱
所在地 神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320−491 (Google map
公式サイト http://hakonemag.com/

まとめ

いかがでしたか?

今回は、2018年初夏にオープン予定するブックホテル「箱根本箱」について紹介してきました。

国内外の良書2万冊を集めたブックホテル「箱根本箱」は、今までに無い新スタイルのホテルで、本を愉しみながら、温泉、レストラン&カフェ、ショップ、コワーキングスペースなどまで楽しむことができるので、人気の場所になること間違いなしです。

オープンした際は、是非足を運んでみて下さい。