タンザニアの牧歌的な島で自然を満喫する「Pongwe Beach Hotel」の魅力

広大な大地と人の手が加えられていない自然が数多く残る大地、アフリカ大陸。

近年はサファリや砂漠を巡るツアー、雄大な大自然を生かしたグランピングなどが多数オープンしていて、魅力的な施設が増えています。

アフリカ大陸のタンザニアから少し離れた手つかずの自然が眠る島にグランピング施設「Pongwe Beach Hotel(ポンウェ・ビーチ・ホテル)」はあります。

真っ白なパウダーサンドの海辺にコバルトブルーの海、まるでモルディブを思わせるパノラマが広がっています。

今回はこの、「Pongwe Beach Hotel(ポンウェ・ビーチ・ホテル)」の魅力について紹介します。

「Pongwe Beach Hotel」の魅力

pongwe01

出典 : http://pongwe.com/pongwe/contact-us/

アフリカ大陸から少し離れた場所にあるザンジバル諸島にポンウェ・ビーチ・ホテルはあります。

ここだけ時間が止まってしまったと思う程美しい環境が保たれたビーチはまるで宝石のような美しさを持っています。

燦燦と降り注ぐ日差しにキラキラと日光が反射するコバルトブルーの海、素足で歩けばサラサラとしたパウダーサンドが足をくすぐります。

わずか20ばかりのコテージしかありませんが、極上のグランピング体験をするには十分すぎる設備です。

20メートル先には美しいビーチが広がっていて、客室からは絶好のパノラマを独り占めすることが出来るのです。

ロマンティックなムードを作りだせるだけでなく、感動と興奮をあなたに与えてくれるでしょう。

テレビやラジオがない世間から隔絶された良い意味で自然しかない素晴らしい心のオアシスをぜひとも満喫してみてください。

原風景を作りだす客室

pongwe02

出典 : http://pongwe.com/beach-front-hotel-room-zanzibar/

ヤシの葉で作られた屋根作りの家は原住民が昔から利用してきたものです。

特徴的な屋根に現代的な壁面を加え、エコツーリズムを実現させています。

ヤシの木で作られたテラスは肌触りも良く、思わず撫でてしまう滑らかさが魅力的です。

南国のリゾートに遊びに来たと肌で感じられる客室は多くのこだわりが詰められています。

高級リゾートホテルのような立地に建てられたロッジで非日常を楽しんでみましょう!

ビーチフロントルーム

pongwe03

出典 : http://pongwe.com/beach-front-hotel-room-zanzibar/

美しいビーチが眼前に広がるビーチフロントのお部屋です。

ポンウェビーチから徒歩ですぐという最高の場所に建てられていて、贅沢で怠惰な時間を貪れるようにハンモックも完備されています。

ビーチで思い切り遊泳を楽しんだり、ハンモックに揺られながら時間を忘れてみるのも楽しいですよ。

ファミリー向けのお部屋となっていますので客室内はとても広々としています。

ベッドは追加で増やすことも可能なのでスタッフにお申し付けください。

室内にはエアコンが付いていませんが、窓を開ければ風通しは良くなりますので自然の柔らかい風で涼んでみてください。

虫が気になるという方でも安心できるように蚊帳のレンタルもありますので、蚊帳も活用しましょう。

シービュースイート

pongwe04

出典 : http://pongwe.com/sea-view-suites-honeymoon-zanzibar/

海を眺められる場所にあるシービュースイートはビーチフロントルームよりも安価ですが、なんとプライベートプールが付いています。

日本の旅館には浴衣がありますが、こちらの客室ではココナッツの木から作られた服が置いてありますので、着替えてプールサイドで優雅な時間を過ごすのがおすすめです。

室内はスイートタイプとなっていて、お部屋ごとの区切りがありませんのでとても開放的な空間となっています。

白を基調とした内装はとても清潔感に溢れていて、眩しい日差しによってさらに明るく華やかな印象になります。

大切な人と二人っきりの時間を大切にしたい方にとってもお似合いのお部屋です。

ガーデンビュールーム

pongwe05

出典 : http://pongwe.com/garden-hotel-room-zanzibar/

ポンウェ・ビーチ・ホテル自慢の庭園を眺められるのがこちらのガーデンビュールームです。

屋外に設けられた椅子に座ってお庭を楽しむのはもちろん、室内からでも庭園を眺められます。

豊かな自然を身近に感じられるので、オーシャンビューのお部屋とはまた違った楽しみがあります。

ビーチへは歩いて30秒という立地なので、海のさざめきが聞こえてきます。

場所を変えれば海も眺められるので、庭園をメインで楽しんでみたいという方はぜひガーデンビュールームにご宿泊ください。

開放的なレストラン

pongwe06

出典 : https://www.i-escape.com/pongwe-beach-hotel

旅行の楽しみと言えば「食」ですよね!

オーシャンビューのホテルに宿泊したのであれば新鮮な魚介を楽しみたいと思う方も多いでしょう。

ポンウェ・ビーチ・ホテルではヤシの葉で出来た大きな屋根が特徴的なレストランで食事を摂ります。

周囲を覆う壁は無く、とても開放的で色鮮やかなグリーンが目に眩しい空間となっています。

一日の始まりに欠かせない朝食は新鮮なフルーツサラダやシリアル、トーストといった軽い食事が並びます。

フルーツジュースやコーヒーを飲みながら朝の澄んだ空気と共に楽しむ時間はグランピングだから満喫できるものです。

段々と気温が上がっていき、日光の日差しが鋭くなる時間を優雅に過ごしてみましょう。

pongwe07

出典 : https://www.heritagesafaris.com/accommodations/pongwe-beach-hotel/

自然を楽しんできた後に食べるランチではベーコンやフェタチーズサラダ、マグロニコライズ、米とトマトソースを入れたカニクラ、果物の盛り合わせなどから自由にメニューを選びます。

しっかりと食べて午後に備えましょう!

気になるディナーですが、その時期に獲れる食材を生かしたコース料理を3種類用意しています。

現地の食材を知り尽くしたシェフが作り上げる絶品料理を余すところなく楽しみましょう。

どのようなメニューがあるのかは訪れてからのお楽しみです。

アクティビティ

pongwe08

せっかく島まで来たのですから自然を生かしたアクティビティにも挑戦しましょう。

まず楽しんで頂きたいのは目の前に広がる美しい海です。

浜辺を散策するだけでも楽しいですが、シュノーケリングをすればサンゴ礁とその中で暮らす熱帯魚たちを観察することが出来ます。

波も穏やかで激しい海流もないので自由で楽しいシュノーケリングを楽しめます。

他にも豊富なアクティビティがありますので、詳しくご説明します。

カヤック

pongwe09

出典 : http://www.eastafrica.co.za/Tanzania_Hotels_&_Resorts-travel/east-africa-lupita-island-resort-spa_activities.html

穏やかな海を散策するにはカヤックが最適です。

ホテルではカヤックの無料レンタルを行っていますので、事前に予約をすれば誰でも利用が可能です。

海は日本の海のように波が高くなく、静かなのでカヤックを利用したことがないという人でも安心して利用できます。

水上から海の中を覗き見て、サンゴ礁や熱帯魚を観察してみましょう。

ザンジバル島を巡る旅

pongwe10

出典 : https://worldheritagesite.xyz/zanzibar/

国際免許をお持ちの方でしたらジープのレンタルが出来ます。

ジープに乗って島を巡る旅に出かけたり、マングローブの湿地帯やそこに暮らすカニの群れを見るツアーもあります。

マングローブの群生地までは車で20分程なので、ちょっとしたドライブでお出かけするのにおすすめです。

また、オートバイのレンタルも行っています。

ザンジバルの歴史ある首都・ストーンタウンで一日を過ごしてみるのもおすすめですよ。

市場で売られている海産物や衣類などお土産を探すことも出来ます。

また、スルタン宮殿をチェックしたり、フォーダニ庭園を巡るなど、観光地に足を運んでみても良いでしょう。

こんな魅力的なホテルなら、泊まってみたいと思いませんか?

名称 Pongwe Beach Hotel
所在地 Pongwe Beach, Pongwe, タンザニア (Google map
公式サイト http://pongwe.com/

まとめ

いかがでしたか?

今回は「Pongwe Beach Hotel(ポンウェ ビーチ ホテル)」の魅力について紹介してきました。

文化的な生活から隔絶された時間の止まっているような島で楽しむグランピングでしたね。

美しい海を一望できるだけでなく、自慢の庭園も楽しめるなどゲストを飽きさせない工夫が凝らされています。

食事に関しても力を入れていて、現地で獲れる新鮮な野菜・フルーツ・魚介を使用した料理はぜひとも楽しみましょう。

海を楽しむアクティビティやちょっと足を延ばして島を巡る冒険に出かけてみてください。