ナミビアで昔ながらの生活を楽しめる「ZANNIER OMAANDA」の魅力

大西洋の美しい海が広がり、国土内には世界最古の砂漠であるナミブ砂漠があって独特の生物が暮らすナミビア。

かつて人類が誕生したと言われるアフリカ大陸で現代的でありながらも原始的な生活を楽しめるのが「ZANNIER OMAANDA(ザニエール・オマンダ)」です。

茅葺屋根が特徴的なロッジが立ち並び、遠くから見れば砂漠の真ん中に集落が存在しているような印象です。

今回はこの、砂漠の真ん中でグランピング体験ができる「ZANNIER OMAANDA(ザニエール・オマンダ)」の魅力について紹介します。

「ZANNIER OMAANDA」の魅力

ザニエールオマンダ

出典 : http://www.zannierhotels.com/omaanda/

自然の感じられる観光地へ進出をしているZANNIER(ザニエール)は新たにナミビアの雄大な自然の中に現地の生活様式にインスパイアされたホテルを開業します。

ナミビアの動物保護区の中央に位置しているのが「ZANNIER OMAANDA(ザニエール・オマンダ)」で、ナミビアの持つどこまでも続く荒野・砂漠が楽しめます。

伝統的なオヴァンボ建築で造られた茅葺屋根が特徴的な小屋は全部で10個あり、朽ち果てることなく時間がそのまま止まってしまったような雰囲気を醸し出しています。

周囲には町はおろか村や他のホテルもなく、文化的な暮らしも喧騒も何もかも忘れて何も気にしない自由な時間が楽しめます。

9,000ヘクタールもある動物保護区の真ん中に位置しているので、サバンナで暮らす動物たちも観察することが出来ます

このような保護区にあるホテルは環境に配慮し、あらゆる制限を課していますがオマンダでは居心地の良さにもこだわりを持っています。

どのようなこだわりがあるのか詳しく見ていきましょう。

古風な見た目の客室

客室

出典 : http://www.zannierhotels.com/omaanda/

茅葺屋根に土壁で造られた客室は現地の人が昔から使っているような雰囲気が漂う古風な見た目をしています。

全体的に丸みを帯びた形状は暑い砂漠でも涼しく風が通り抜けやすい設計となっていて、室内はひんやりとした空気に満ちています。

手仕上げで造られた丁寧な茅葺きと大地の力強さを感じられる壁で守られた空間で究極のグランピング体験をしてみましょう。

快適な宿泊を楽しめるようにオマンダでは豊富なアメニティも用意しています。

爽やかな目覚めと優雅な時間を過ごせるようにネスプレッソコーヒーマシンが設置され、ご自身の好みの飲み物も楽しめるように電気ポットも置かれています。

他にも衛星チャンネル付きのテレビや電話、セーフティーボックスなどホテルと同じ設備があります。

全10室ある客室ですが、全部で2タイプを用意していますので宿泊する人数や目的に合わせて選択も可能です。

次は客室について詳しくご紹介します。

ワンベッドルームヒュッテ

ワンルームベッド

出典 : http://www.zannierhotels.com/omaanda/

オマンダにある10の客室のうち8つを締めているのがベッドルームが1つのタイプの客室です。

最大で大人2名・子供1名まで宿泊が可能で、キングサイズベッドが置かれた広々とした寝室がとても魅力的です。

寝室にはデスクやソファ・ドレスルームも備えられていますので不自由を感じることなく快適なひと時をお楽しみいただけます。

ベッドルームからは外の風景を眺められるように大きな窓も付いていますので、開け放てば自然の香りや風を感じ、自然の美しさに魅了されることでしょう。

内装は温かみのある色合いを中心に使い、ひんやりとした土壁が地球の雄大さを物語っています。

調度品にもこだわりがあり、アフリカの文化を感じられる貴重な骨とう品で構成されています。

オマンダから程近くにある小さな湖や高原を楽しめるテラスもありますので、時間も予定も悩みも何もかも忘れてゆったりと過ごすには最適な場所です。

ツーベッドルームヒュッテ

ヒュッテ

出典 : http://www.zannierhotels.com/omaanda/

大人4名・子供2名まで宿泊が可能の客室です。

各寝室は31平方メートルととても広々としており、キングサイズのベッドで十分な休息を取れます。

大きな窓からは雄大な自然を感じられるだけでなく、強い日差しが気になる日中でも柔らかい日差しが差し込むように設計されています。

周囲に何もないからこそ実現している究極の開放感を朝から夜までずっと楽しめる客室は自然保護区にある施設だからこそ。

ラグジュアリーな雰囲気を感じられるバスルームにはウォークインシャワーに加えて地平線まで眺められる絶景が楽しめる露天風呂も付いています。

バスタブに浸かりながら絶景を楽しみ、極上のリラックス体験をするには最高の場所です。

荒野の真ん中で楽しむ贅沢をぜひお楽しみください。

内装はワンベッドルームヒュッテと同じ作りになっていますので、どちらに宿泊してもモダンで洗練された客室をお楽しみいただけます。

レストラン

レストラン

出典 : http://revpar-marketing.com/clients-le-chalet-zannier.php

居心地の良さを追求したレストランでは自家製の朝食からビュッフェ形式のランチ、お肉を直火でグリルしたり野性味あふれる料理がお楽しみいただけます。

現地で親しまれている料理をベースにモダンにアレンジし、新たなナミビアの美食として提供します。

午後8時から始まるディナータイムでは4つのコースを用意しています。

親密さを感じられる内装に炎の明るさと暖かみが感じられる暖炉の近くで自然を味わう料理を楽しみましょう。

現在はレストランについての情報は公開されていませんので、ぜひご自身でオマンダを訪れて、本物のアフリカ料理を直接ご覧ください。

オマンダの上質なサービス

何もない荒野に位置しているオマンダですが、高級ホテルに宿泊しているかのような上質なサービスを受けられます。

何かと不便を感じることが多い旅行ですが、砂漠しかない土地へ行くとなれば不便に思うことも多々出てくるかと思います。

まずホテルまでどうやって行けば良いの?と思われる方が多いですが、ウィントフック空港からの送迎サービスを行っていて、ナミブ砂漠の中央にあるオマンダまで無料で送り迎えをしてくれます。

オマンダへ到着後には各ゲストが快適に過ごせるように専門のコンシェルジュチームが全面的にお客様のサポートを行います。

旅行の日程を整理したり、お客様のニーズにお応えし、必要なものを取り揃えるなど個別サポートも充実しています。

何か不便に感じたらコンシェルジュへ相談してみましょう。

旅行に行ったら楽しみたいのがショッピングですよね。

オマンダの施設内ではブティックも併設しており、ファッションアイテムから現地の人が作る装飾品、お土産も販売しています。

快適な旅行をぜひオマンダでお楽しみください。

オマンダの姉妹ホテルがニューオープン

姉妹ホテル

出典 : http://www.zannierhotels.com/en/

ラグジュアリーで快適な砂漠体験ができるザニエール社が手掛けるホテル・オマンダ。

そのザニエール社がナミビアへ2拠点目となるホテル「ZANNIER SONOP(ザニエール・ソノップ)」をオープンします。

イギリスの植民地時代に実際に使われていたテントをイメージした客室は環境に配慮しつつも快適なグランピング体験ができます。

また、小高い丘の上に建設されているのでナミブ砂漠を一望できる絶景も楽しめる予定となっています。

詳しい内装や設備、客室数などは未公開となっていますが、2018年にオープンする予定なのでとても楽しみですね。

日本では決して体験できないようなこんなグランピング体験なら、してみたいと思いませんか?

名称 ZANNIER OMAANDA(ザニエール・オマンダ)
所在地 B6, 7 km west from International Airport, Namibia, P.O. Box 90139, Windhoek, ナミビア(Google map
公式サイト http://www.zannierhotels.com/en/

まとめ

いかがでしたか?

今回は、ナミビアの砂漠の真ん中でグランピング体験ができる「ZANNIER OMAANDA(ザニエール・オマンダ)」の魅力について紹介してきました。

ベトナムやカンボジア、フランスの山岳部など自然を楽しめる観光地に進出しているザニエールがナミブ砂漠を楽しめる場所に建設しているホテルはとてもラグジュアリーかつ原始的な暮らしも楽しめるものでした。

外装・内装ともに砂漠の景色と合っていて、自然と一体になれる感覚が楽しめる素晴らしいホテルです。

レストランや上質なサービスもしっかりとありますので、安心して旅行が楽しめますよ。