世界遺産候補地で楽しむゼロ星ホテル「NANGORA HILLS」

江戸時代の宗教弾圧によって迫害された隠れキリシタンの生活が感じられる「五島列島」は、世界遺産への登録に最も近い日本の歴史的建造物と言われています。

世界遺産級の観光地があるにも関わる五島列島は過疎化が進みつつありますが、美しい海と島々の織りなす壮大な自然がとても魅力的な地です。

ゼロ星ホテルと独特のネーミングで興味がそそられる「NANGORA HILLS(ナンゴラヒルズ)」は、そんな五島列島でグランピングを楽しめる施設として注目を集めています。

今回はこの、長崎県五島市にあるグランピング施設「NANGORA HILLS(ナンゴラヒルズ)」について紹介していきます。

「NANGORA HILLS」の魅力をご紹介!

NANGORA HILLS

出典 : https://www.baracar.com/shimayado/nangora-hills/baramon-house/

離島初となるC2Cと呼ばれる島民とお客様間で車のレンタルを行うカーシェアリングサービスを提供している合同会社ファイブピークスが地域活性化のために始めたのがこの「NANGORA HILLS」です。

離島は過疎化が問題となっているため、カーシェアリングをより活発に行うためにもグランピング&ビーチリゾートは最適だったというわけです。

手つかずの自然が残る離島だからこそ楽しめるグランピングがあり、何度でも訪れたい遊び心は訪れる人の冒険心をくすぐります。

広大な大地と豊かな自然、透き通るようなきれいな海を満喫する豊富なアクティビティ体験も用意されています。

離島の魅力を発見し、地域活性化にも役立つグランピングの魅力について詳しく見ていきましょう。

個性豊かなグランピングテントが魅力!

テント

出典 : https://www.baracar.com/shimayado/nangora-hills/baramon-house/

一流ホテルが提供しているようなラグジュアリーさを感じられる佇まいですが、「ゼロ星ホテル」と自称をしています。

グランピングテント・コンテナ・ツリーハウスといったグランピングの全てを抑えているのでどこへ宿泊しようか迷ってしまいます。

全室共通して1人当たりの料金は8,000円~15,000円となっていて、価格を気にすることなくテント選びが出来ます。

さらに嬉しいことに全施設を貸し切りすることも可能で、7名から予約を受け付けています。

大学生のサークルや高校の卒業旅行で訪れるなど使い方は自由!

ご家族連れの方以外でも幅広い方にお楽しみいただけます。

しかし全室お風呂とトイレが付いておらず、敷地内にある「BARAMON HOUSE」を利用するしかありません。

不自由さを感じてしまうこともありますが、それも離島で楽しむグランピングの醍醐味です。

グランピング テント

テント

出典 : https://www.baracar.com/shimayado/nangora-hills/baramon-house/

一番ベーシックなタイプのもので、中央にポールが立てられているベルテントです。

屋外にはウッドデッキがあり、テントと屋外が一体になっている開放的な空間となっています。

多くのグランピング施設にあるハンモックの代わりにNANGORA HILLSでは揺り籠が設置してあり、風に揺られながら優雅な時間をお過ごしいただけます。。

夜になるとテント内からこぼれる光によって温かみのある色に包まれてまるでホタルの光に照らされているかのような雰囲気を楽しめます。

炭火専用のバーベキューグリルも付いていますのでキャンプ場で楽しむバーベキューがテントのすぐ横で楽しめます

暑い夏や寒い冬でも快適に過ごせるように冷暖房設備、冷蔵庫も設置されていますのでお酒やジュースを冷やしておいたり、暑くなったらテント内へ避難することも出来ます。

テントの中にはキングサイズのベッド1台とシングルマットが2つあるので最大4名までの宿泊が可能となっています。

小さなお子様のいるご家族に特におすすめとなっています。

グランピング コンテナ

コンテナ

出典 : https://www.baracar.com/shimayado/nangora-hills/baramon-house/

テントは虫が気になって心配という方におすすめなのがコンテナタイプの客室です。

窓を閉めれば虫が侵入してくる心配もありませんし、大きく開放感のあるガラス窓からは雄大な自然が一望できます。

もちろん冷暖房設備・冷蔵庫も設置となっていて、コンテナタイプのみテレビも設置されています。

テントタイプは炭火グリルが付いていましたが、コンテナタイプはガス式のバーベキューグリルとなっています。

火力を自由に調整可能で、炭火の煙で洋服にニオイが付く心配も少ないのがメリットです。

シングルベッドが2つ、ソファベッドが1つとなっていますので最大3名までの宿泊となります。

仲のいいお友達や恋人といった大切な人との宿泊でぜひご利用ください。

スカイツリーハウス

スカイツリーハウス

出典 : https://www.baracar.com/shimayado/nangora-hills/baramon-house/

木の上に作られた客室はこれぞツリーハウスといった趣きです。

2018年の7月下旬にオープンする予定で、ベッドからは海に浮かぶ無人島や水平線まで続く星空、朝日が楽しめます。

まさに自然を楽しむには最適なので、メディアに取り上げられれば人気が出る事間違いなしの目が離せない客室です。

まだ建造途中ということもあり、ベッド数や詳しい内装、設備などは公開されていません。

おそらく家族連れの方も学生グループで訪れる方も楽しめる工夫が沢山盛り込まれているかと思います。

今からオープンが待ち遠しいですね。

全国初の飲食サービスがおすすめ!

レストラン

出典 : https://www.baracar.com/shimayado/nangora-hills/baramon-house/

グランピングは自然の中で過ごして快適な旅行を楽しむものです。

中には地元で採れる食材を使用した料理を楽しみに訪れる方も多いですが、そんな時に利用するのが施設のレストランですよね。

NANGORA HILLSでは全国初の試みとしてドローンを使用した飲食サービスを予定しています。

コシが強くてなめらかで喉ごしが良い五島うどんは島の特産物で、五島うどんを楽しみに長崎を訪れる人も多いです。

そんな五島うどんをベースにし、アレンジを加えた「ばらかどん」 は必見です!

自家製のたれには椿油を使用しており、五島うどんならではの強いコシと滑らかな喉ごしに加えてツバキの香り豊かなおうどんを楽しめます。

もちろんこちらのばらかうどんもドローンによって空からお届けされるので、子供は大はしゃぎ間違いなしです。

施設利用者以外にも解放されていますが、7~9月の限定(7月と9月は土日のみ)となっています。

ですが施設に宿泊している方は通年利用できるのでいつ訪れてもドローンによる飲食サービスが受けられます。

自然豊かだから出来る豊富なアクティビティ

フライングバナナボート

出典 : https://www.baracar.com/shimayado/nangora-hills/baramon-house/

プライベートビーチでの水遊びやパラセーリング、星空観察に山遊びなど自然を体験できる様々なアクティビティを用意しています。

こちらの体験施設はカーシェアリングを利用しているバラカー会員限定のサービスとなりますが、無料で楽しめるアクティビティがとても充実しています。

シーカヤックを自由に漕いで波の穏やかな海をお散歩したり、船に引っ張られながら進むスリリングなウェイクボード、空を飛ぶバナナボートなどがあります。

マリンレジャーは夏の遊びかと思われていますが、ウェットスーツの無料レンタルも行っているので春や秋でも寒さを感じずに海で遊べます。

暖流と寒流がぶつかる長崎の海である五島列島の綺麗な海には多くの魚が生息しており、シュノーケリングでも十分に海の魅力を体験出来ます。

夏ではないから楽しめないと思わずに、春や秋でも是非ともシュノーケリングを始めとしたマリンレジャーを体験してみてください。

体験するアクティビティの種類によっては料金が発生するものもありますのでご注意ください。

五島列島でグランピングを楽しめるこの施設。

利用してみたくなりませんか?

名称 NANGORA HILLS(ナンゴラヒルズ)
所在地 長崎県五島市平蔵町454(Google map
公式サイト https://www.baracar.com/shimayado/nangora-hills/baramon-house/

まとめ

いかがでしたか?

今回は、長崎県五島市にあるグランピング施設「NANGORA HILLS(ナンゴラヒルズ)」の魅力について紹介してきました。

過疎化が進む島に活気を取り戻そうとする地元の人の努力と島への愛を感じるグランピング施設でしたね。

個性豊かな客室はどれも快適性を忘れておらず、まさにグラマラスなキャンプです。

自然を生かしたアクティビティも豊富に用意されていますので五島列島の魅力を五感で感じ取ってください。