キャンプとグランピングが楽しめる「Campo giardino」の魅力

キャンプはテントを自分で組み立てたり、BBQの用意から後片付けまで自分たちで行うもので、それはそれで楽しみがあるものです。

しかし、キャンプのような面倒な作業はちょっと…。という方におすすめなのがグランピングです。

茨城県にある、オートキャンプ場としてオープンした施設「Campo giardino (キャンプ・ジャルディーノ)」では、グランピングブームに乗ってグランピング施設も開場しました。

今回はこの、茨木にあるグランピング施設「Campo giardino (キャンプ・ジャルディーノ)」について紹介していきます。

「Campo giardino」の魅力

キャンプ

出典 : https://www.nap-camp.com/ibaraki/13835/?Og=8&Lg=8&#bundle_image

Campo giardinoのキャンプは車をテントの横に乗り付けられるオートキャンプスタイルとなっています。

テントやキャンプ用品の運搬が楽に行えるため、人気のスタイルなのです。

家族連れをターゲットとしており、子どもも大人も快適に過ごせる設備の数々も用意されています。

近年のグランピングブームに乗り、Campo giardinoではグランピング施設もオープンしました。

Campo giardinoが提供しているオートキャンプ場の魅力とグランピングそれぞれについて詳しく見ていきましょう。

オートキャンプ場の魅力

テント

出典 : https://www.nap-camp.com/ibaraki/13835/?Og=8&Lg=8&#bundle_image

オートキャンプ場の多くは駐車スペースとテントを張る区画が一緒になっている「区画型」と呼ばれるものが多く、狭苦しい印象を与えてしまいます。

利用客はその区画内でテントを張るため、レイアウトに自由度があまりありません。

しかしCampo giardinoのオートキャンプ場は駐車スペースを含めた区画となっているので、好きなところに車を駐車させて自由にテントの配置を組むことが出来ます。

車とテントをセットで設営するようなタイプなので、ご自身の個性を出すには最適ですよ。

また、区画外への駐車も500円の追加料金を払うことで可能となっているので、区画を広く使いたいという方には非常におすすめのサービスです。

しかし今回のテーマは「グランピング」です。

次はCampo giardinoが提供しているグランピングの「タケノコテント」についてご紹介します。

タケノコテントの魅力

テント屋根

出典 : https://www.nap-camp.com/ibaraki/13835/?Og=8&Lg=8&#bundle_image

Campo giardinoでは可愛らしい形が特徴のベルテントを常設しています。

地面からにょきっと生えているその様子からCampo giardinoではタケノコテントの愛称で親しまれています。

Campo giardinoでも使用されているベルテントはベル(鈴)のような形をしているからベルテントと呼ばれており、ネイティブインディアンのティピーテントやモンゴルのゲルのように支柱がポール1本のワンポールタイプなのが特徴です。

グランピングスタイルを楽しみたい人に人気の高いテントとなっていて、オリジナリティに富んだインテリアにしやすいです。

次はCampo giardinoのタケノコテントの内部を見てみましょう。

タケノコテントの内部

テントの中

出典 : https://www.nap-camp.com/ibaraki/13835/?Og=8&Lg=8&#bundle_image

タケノコテントの内部は派手な飾りつけや家具などは設置されておらず、小さなお子様が走り回っても怪我をしないようになっています。

中央のポールを囲むように簡易的なテーブルが設置されており、ちょっとしたティータイムやトランプなどのゲームも楽しめるようになっています。

画像は春・夏モデルの内装となっていますが、冬は地面からの冷気を感じないようにベッドが設置され、快適に過ごせるようになっています。

また、AC電源も備え付けられていますので携帯電話の充電もここから行う事が出来ます。

タケノコテントの外

テントの外

出典 : https://www.nap-camp.com/ibaraki/13835/?Og=8&Lg=8&#bundle_image

タケノコテントをレンタルするとタープや椅子・テーブル、ハンモックもセットで付いてきます。

天気のいい日はハンモックに横になり、風の流れを感じられるリラックスタイムを過ごせます。

食事もここで楽しめるので、自分たちの好みのBBQ食材を用意して楽しいバーベキューパーティーを行う事も可能ですよ。

かなり自由度の高いグランピングなので、何もかも任せきりは性に合わない!という人にはぜひとも体験していただきたいグランピングとなっています。

豊富なレンタルサービス

ピザ窯

出典 : https://www.nap-camp.com/ibaraki/13835/?Og=8&Lg=8&#bundle_image

Campo giardinoではグランピング施設の利用客はもちろん、オートキャンプ場を利用している方でもレンタルできるアイテムを豊富に取り揃えております。

焼き台・炭・着火剤・網・トングがセットになったバーベキューセットはなんと2,000円でレンタルが可能です。

他にもオシャレな料理を作るのに欠かせないダッチオーブンは1,500円と非常にリーズナブルな価格で借りることが出来ます。

他にも毛布や寝袋、銀マット、ランタン、テントといったキャンプに必須のアイテムも借りられますので、オートキャンプ場を利用する際でも手ぶらでOK!

数あるレンタルサービスの中でも特におすすめなのが2,000円でレンタルできる「スチール製ピザ窯」です。

薪・着火剤・トングがセットで付いていて、ご自身でピザを焼くことが出来るのです。

ご家族でのんびりとピザを作ってみてはいかがでしょうか。

Campo giardinoから近くの観光地

キャンプを思い切り楽しむのも良いですが、せっかくですからちょっと足を延ばして周辺の観光地へ出かけましょう。

Campo giardinoのある茨城県ひたちなか市には実は数多くの観光名所があり、詳しく調べれば調べるほどどこへ行こうか迷ってしまうほどなのです。

中でもおすすめな観光名所をいくつかピックアップしましたのでぜひ旅行の参考にしてみてください。

手造りビール工房「木内酒造」

酒蔵

出典 : http://kodawari.cc/html/

Campo giardinoから車で約20分ほどの場所にある木内酒造は手造りのビールが造れる工房として有名な酒蔵です。

日本酒蔵の雰囲気を感じられる独特のビール工房ではビール造りに詳しい専門のスタッフが丁寧にビールの作り方を教えてくれます。

ご自身だけのビールが造れるだけでなく、酒蔵で販売しているお酒の購入・お持ち帰りも出来るので車を運転している方でもCampo giardinoで木内酒造のビールをお楽しみいただけます。

販売しているお酒の種類も多く、清酒・梅酒・ネストビール・米焼酎・ワインといったお酒は全て取り揃えています。

酒蔵が直売しているので種類が多く料金も安いので購入のしすぎにはご注意ください。

アクアワールド茨城県大洗水族館

水族館

出典 : http://park.tachikawaonline.jp/aquarium/35_aquaworld.htm

個性的な海洋生物を取り扱う水族館として有名な「アクアワールド茨城県大洗水族館」は家族連れからカップルまで人気の水族館です。

TwitterやInstagramといったSNSでの活動も行っていて、インターネットからでも個性的なお魚を楽しむことが出来ます。

世界最大級のマンボウ専用水槽やアクアワールド自慢のサメ飼育頭数日本一のコーナーはとても迫力がありますよ。

子供は純粋に水族館を楽しみ、大人は魚について学べるとても良い水族館です。

那珂湊おさかな市場

魚市場

出典 : https://www.ibarakiguide.jp/seasons/osakana/nakaminato.html

関東最大級の観光市場として県内外から年間で100万人が訪れる市場です。

その日に水揚げされた新鮮な魚介類をリーズナブルな価格で提供しており、BBQの食材探しには最適な場所と言えるでしょう。

那珂湊の海の幸を味わいたいのであればココを訪れる以外にありません!

また、敷地内には地元の海で獲れた魚介類を使った料理も楽しめるので、心行くまでお楽しみください。

こんな素敵なグランピング施設なら利用してみたくなりませんか?

名称 Campo giardino (キャンプ・ジャルディーノ)
所在地 茨城県ひたちなか市磯崎町 ひたちなか市磯崎町4625-2(Google map
公式サイト http://www.mansyuya.jp/

まとめ

いかがでしたか?

今回は、茨木にあるグランピング施設「Campo giardino (キャンプ・ジャルディーノ)」について紹介してきました。

アットホームで温かみのあるグランピング・キャンプ場を探しているのであればジャルディーノは非常におすすめです。

レンタル用品も充実しているので殆ど手ぶらで訪れても不自由はしません!

周辺には観光地が多いので一日楽しめるスポットへお出かけしてみてはいかがでしょうか?