カナダの「Ridgeback Lodge」で楽しむドームグランピング

グランピングと言えばテントやロッジに泊まることを想像している人が多いでしょう。

しかしカナダの「Ridgeback Lodge(リッジバックロッジ)」は最新グランピングテントの半球のドームテントでグランピングが楽しめます。

林業が盛んなカナダだからこそ楽しめる雄大な自然と野生動物たちの観察をするには最適な環境です。

今回はこの「Ridgeback Lodge(リッジバックロッジ)」の魅力をご紹介します。

Ridgeback Lodgeの魅力

Ridgeback Lodge

出典 : http://ridgebacklodge.com/

大人だけが楽しむことを許された極上のグランピングを楽しみたいのであればRidgeback Lodge(リッジバックロッジ)を訪れましょう。

空まで届きそうな木々に囲まれた森の中にRidgeback Lodgeは位置しています。

映画に登場しそうな隠れ家のような雰囲気は訪れる人を感動させ、自然の素晴らしさを伝えてくれます。

独特な形のドームテントから豪華なログキャビンを揃えているのでお客様の要望に合わせて選択することが可能です。

寒い冬でも唯一の熱源は薪ストーブのみで、オイルヒーターなどは一切用意がありません。

朝は自分で火を起こして暖を取ったりするのもRidgeback Lodgeの魅力の一つです。

室内で焚き火に触れ、自然の暖かさで体を温める体験はグランピングだからこそ出来ることです。

インターネットもテレビも電話も何もない自然環境でグランピングを楽しみましょう。

ラグジュアリーで斬新なドームテント

Ridgeback Lodge

出典 : http://ridgebacklodge.com/

今海外で人気が高まっているのがドームテントです。

冬は雪の絨毯が辺り一帯を包み込み、幻想的なスノードームが完成します。

夏は青々とした木々に囲まれ、爽やかな空気が心まで癒してくれます。

夏に訪れても冬に訪れてもそれぞれ違った景色と雰囲気が楽しめるのはドームテントだからこそ。

Ridgeback Lodgeではそのドームテントを採用し、ラグジュアリーで洗練された客室を作り上げています。

ドームテントは半球体のため本来テントにどうしても生まれてしまうデッドスペースを限りなく減らせます。

Ridgeback Lodgeのドームテントには2種類あり、カップルにおすすめな「ドリームドーム」と大人数での宿泊がおすすめな「スターガザードームズ」があります。

まずはこの2種類のドームテントから見ていきましょう。

ドリームドーム

Ridgeback Lodge

出典 : http://ridgebacklodge.com/rooms/dream-dome/

キングサイズのベッドが中央に置かれた部屋で、ベッドの上で寝ころびながらカナダの雄大な自然を思いっきり楽しむことが出来ます。

普通は登山をしないと楽しめない展望をリラックスしながら楽しめるのはグランピングだからこそ。

自然光をしっかりと取り込むように小窓も付けられているので室内は光まぶしく開放感溢れる作りとなっています。

室内には薪ストーブもあるので自分で火の面倒を見る楽しみもあります。

ベッドの裏にはIHコンロと簡易な調理器具が置かれているので飲み物や軽食を作ることも可能です。

水洗式のトイレにシャワールームも完備しているので不自由なく滞在することが可能です。

宿泊人数は2名で1泊約155ドルとなっています。

ドリームドームは通年オープンしているため恋人との思い出作りに宿泊してみてはいかがでしょうか。

スターガザードームズ

スターガザードームズ

出典 : http://ridgebacklodge.com/

親友や仲間と訪れるのであればスターガザードームズがおすすめです。

2名まで宿泊可能なドームテントを全3棟貸し切ることが出来るのです。

それぞれのドームは20m以上離れているのでプライバシーもしっかりと確保しているのでデリケートな問題も解決です。

テントから外へ出るとチェアがあるので天気が良い日はそこで景色を楽しみながら談笑を楽しむことも出来ます。

テント内は天井部分が透明になっているので寝ころびながら天体観測を楽しめます。

内装にもこだわっており、ハイエンドな家具や素晴らしいバスルームを備え付けています。

価格は1泊175ドルとドリームドームに比べると少しお高めです。

スターガザードームズは5月から9月の夏季にのみオープンしていますのでご注意下さい。

木のぬくもりを感じられるキャビン

Ridgeback Lodge キャビン

出典 : http://ridgebacklodge.com/rooms/standard-cabin/

快適なグランピングを楽しみたいのであればキャビンは非常におすすめです。

木材で作られたキャビンは温かみに溢れていて、室内に居ながらも自然の素晴らしさを満喫できます。

さらに夏は涼しく冬は暖かい構造となっているので一年中快適に過ごせます。

窓を開ければ爽やかな空気が室内を満たし、自然を一望することが出来ます。

Ridgeback Lodgeには2種類のキャビンがありますので次は種類ごとにご紹介していきます。

スタンダードキャビン

Ridgeback Lodge スタンダードキャビン

出典 : http://ridgebacklodge.com/rooms/standard-cabin/

杉の木を使用したスタンダードなタイプのキャビンです。

素朴なスタイルでありながら洗練された印象を受けるのはやはり林業が盛んなカナダだからこそ。

室内の至る所に快適に過ごすための工夫が隠されています。

リビングルームにはしっかりと薪ストーブがあるので寒い冬でも安心です。

キッチンスペースもあるので自慢の手料理を作ってみてはいかがでしょうか。

デラックスキャビン

Ridgeback Lodge デラックスキャビン

出典 : http://ridgebacklodge.com/rooms/deluxe-cabin/

10月から5月までの冬季限定オープンしているのがデラックスキャビンです。

木で組み上げられたキャビンは温もりに溢れ、備え付けられている薪ストーブを使用すれば寒い冬でも寒さをまったく感じません。

家具はキャビンの雰囲気を壊さないように控えめな色使い。

ワンポイントで暖色のレッドを加えることでさらに温かみを出しています。

ワインバレルの洗面化粧台付きのバスルームにウォークインのシャワールーム、水洗式のトイレ、ハイエンド機器付きの設備の整ったキッチンなど設備も十分なほど揃っています。

豪華な仕上がりとなっているデラックスキャビンで一面雪に覆われる冬を楽しんでみてはいかがでしょうか。

日本式の露天風呂

露天風呂

出典 : http://ridgebacklodge.com/rooms/deluxe-cabin/

日本人で好きな人が多い露天風呂。

なんとそんな露天風呂をRidgeback Lodgeで楽しむことが出来ます。

Ridgeback Lodgeの木で作られた大きな桶の中に浸かる日本スタイルの露天風呂は外国人には新鮮でとても刺激的な入浴方法となっています。

日本式のホットタブと入れていて、海外では露天風呂がひそかなブームとなっているのです。

雪に覆われる冬は雪見露天風呂となり、より風情を感じることでしょう。

夏には緑豊かな自然と自然動物の声に耳を傾けながら露天風呂を楽しむことが出来ます。

海外で日本の良さを実感するRidgeback Lodgeの露天風呂をぜひ楽しんでみてください。

ただし気温がマイナス10℃を下回る気温ではパイプが凍り、給湯器が故障する恐れがあるため使用はできません。

もし露天風呂を楽しみに行くのであれば真冬は避けた方がよさそうです。

完全プライベートな池

Ridgeback Lodge 池

出典 : http://ridgebacklodge.com/

Ridgeback Lodgeから歩いてすぐの場所に池があります。

森の中に突然現れる池はオアシスという表現がぴったり合います。

そんな完全プライベートな池でカヌーを漕いでみませんか?

時間を忘れて水上の散歩を楽しむ時間は日々時間に追われて生活している現代人には貴重な体験となるでしょう。

風のざわめきやパドルで水を切る音に耳を傾けてちょっとしたアクティビティをお楽しみください。

名称 Ridgeback Lodge(リッジバックロッジ)
所在地 86 Old Reach Rd, Kingston, NB E5N 1B2 カナダ(Google map
公式サイト http://ridgebacklodge.com/

Ridgeback Lodgeまとめ

いかがでしたか?

今回は「Ridgeback Lodge(リッジバックロッジ)」の魅力をご紹介しました。

カナダの雄大な自然の中にあるグランピングスポットで、自然を感じられる工夫に溢れた施設でした。

テントに泊まりたい方向けのドームテントだけでなくキャビンも用意しているのは選択肢が広がり非常に便利ですよね。

自分の好みに合わせて宿泊する所を選び、カナダの自然を満喫してみてください。