シーサイドグランピングが楽しめる「スノーピークグランピング 観音崎京急ホテル」

2017年6月にNew OPENした「スノーピークグランピング 観音崎京急ホテル」。

神奈川県横須賀市に位置するこのホテルは、三浦半島の最東端で、シーサイドグランピングが楽しめると人気となっています。

今回はこの、2017年6月にNew OPENした「スノーピークグランピング 観音崎京急ホテル」の魅力について紹介していきます。

「スノーピークグランピング 観音崎京急ホテル」の魅力

スノーピークグランピング 観音崎京急ホテル

出典:http://www.kannon-kqh.co.jp/lp/glamping/

2017年6月にNew OPENした「スノーピークグランピング 観音崎京急ホテル」は、9月1日からWEB予約も開始し、更に利用しやすくなりました。

世界的建築家、“隈研吾氏”がデザインを手がけたモバイルハウス「住箱」をはじめ、スノーピーク製品に囲まれた贅沢なアウトドア体験がここではできます!

東京湾を臨む絶好のロケーションで、三浦半島の食材をふんだんに使った料理を楽しみのひとつ。

都心からでもアクセスが良くこれだけのシーサイドグランピングを楽しめるのはここだけ!休日にちょっとそこまで。といったかたちで気軽にいけるのも魅力的です。

また、いままで電話予約のみだったのが公式WEBサイトリニューアルでWEB予約できるようになったのも更に足を運びやすくなりました。

このWEBサイトリニューアルは、事前に空き状況や室料の確認、WEBによる事前決済も可能となり、非常に使いやすいです。

行く予定がなくてもWEBサイトだけでも見てみると良いかもしれません。きっと「スノーピークグランピング 観音崎京急ホテル」の魅力がわかり行ってみたくなるはずです。

スノーピークグランピング 観音崎京急ホテル

出典:http://www.kannon-kqh.co.jp/lp/glamping/

スノーピーク製品に囲まれた贅沢なアウトドア。

目の前に広がる、東京湾と行き交う船の眺めは絶景です!

「火のゆらめき」「薪のはぜる音」「煙の匂い」。自然の中で五感を楽しませる焚き火体験なんかもできます。

スノーピークグランピング 観音崎京急ホテル

出典:http://www.kannon-kqh.co.jp/lp/glamping/

モバイルハウス「住箱-JYUBAKO-」。

世界的な建築家 隈研吾氏とスノーピークのコラボレーションで制作された、こだわりの客室。とても魅力的でおしゃれではありませんか?

ここは木の温もりを感じる客室。ゆっくりとくつろぐことができますよ。

スノーピークグランピング 観音崎京急ホテル

出典:http://www.kannon-kqh.co.jp/lp/glamping/

さらに、隣接する温浴施設SPASSOも利用することができます。

東京湾の絶景を見ながらのスパは、なんとも言えないセレブな雰囲気をかもしだしてくれます。

スノーピークグランピング 観音崎京急ホテル

出典:http://www.kannon-kqh.co.jp/lp/glamping/

夕食だって負けてません。

こだわりの三浦半島の食材を、一番美味しい状態で提供してくれるので満足すること間違いなし!

バーベキューをはじめ、自分でつくる部分があるのも、グランピングディナーの醍醐味の一つ。

大自然の中で、贅沢な食事の時間を過ごすことができますよ。

前菜・スープ・メイン(バーベキュー)・パン・コーヒー・デザートなどなど。お子様用のキッズプレートまであります!

潮風を感じながら、開放的な「スノーピークグランピング 観音崎京急ホテル」で最上の癒しのひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

名称 スノーピークグランピング 観音崎京急ホテル
所在地 神奈川県横須賀市走水2丁目(Google map
公式サイト http://www.kannon-kqh.co.jp/lp/glamping/

まとめ

いかがでしたか?

今回は、2017年6月にNew OPENした「スノーピークグランピング 観音崎京急ホテル」の魅力について紹介してきました。

絶好のロケーションに位置するこちらのホテルは、WEB予約も対応し気軽に行ける最高のグランピング施設と言えます。

連休でなくてもこちらへ足を運べば体も心も癒され最高の休日になること間違いなし!

是非、家族や気の合う仲間と訪れてみてください。