ラロトンガ島「Ikurangi Eco Retreat」ホテルでグランピングを満喫

南太平洋の国クック諸島の主島「ラロトンガ島」。

オーストラリアの西、ニュージーランドの北西に位置するこの島には、ラロトンガの大自然を満喫できグランピングを思う存分楽しむことができる、「Ikurangi Eco Retreat(イクランギ エコ リトリート)」があります。

この「イクランギ エコ リトリート」は、クック諸島で唯一のグランピングホテルで、ラロトンガ島の美しい山を眺めながらの素敵な滞在を演出してくれます。

今回はこの、ラロトンガ島のホテル「Ikurangi Eco Retreat(イクランギエコリトリート)」の魅力について紹介していきます。

ラロトンガ島のホテル「イクランギエコリトリート」の魅力

Ikurangi Eco Retreat(イクランギエコリトリート)

出典 : https://www.ikurangi.com/

「イクランギエコリトリート」は、クック諸島で最初に建設されたエコ宿泊施設で、さまざまな体験をさせてくれる魅力的なホテルです。

ラクロトンガの東側にあるイクランギ山のすばらしい眺望の下、トロピカルガーデンに囲まれた「Ikurangi」では、山々に面したプライベートデッキを備えた「Tropical Are(ポリネシアンスタイルのスタジオ)」やプライベートな装飾が施された贅沢な「サファリテントエンスイート」があります。

南太平洋の星空の下でプライベートな休暇を楽しむには最高のロケーション。

4つの「Safari Tents」と2つの「Are」は戦略的に配置されており、各部屋がプライバシーと素晴らしい環境を備えています。

すべてのお客に、美しい天然のバスアメニティ、豪華なワッフル衣装、エンスイートをお楽しみいただけるようになっており、テントには、屋外の温水シャワーもあります。

Ikurangi Eco Retreat(イクランギエコリトリート)

出典 : https://www.ikurangi.com/

こちらは、「Tropical Are」のお部屋。

高い天井や織物を冷やして真のポリネシアを念頭に置いた「Tropical Are」は、リラックスしたひと時を過ごすのに最適な空間です。

Ikurangi Eco Retreat(イクランギエコリトリート)

出典 : https://www.ikurangi.com/

素晴らしい山々に面したプライベートデッキがあり、伝統的な足跡のプランテーションが見渡せます。

屋内のデイベッドでリラックスしながら、クック諸島の地元の職人による工芸品や冷たいコーヒー、ビール、ワインなどを楽しめます。

Ikurangi Eco Retreat(イクランギエコリトリート)

出典 : https://www.ikurangi.com/

テントタイプのお部屋も格別です。

イクランギのサイトを見下ろす私有の木製デッキに置かれた「Luxury Safari Tents」。

自然の美しさを堪能するにはこのテントタイプがおすすめです。

Ikurangi Eco Retreat(イクランギエコリトリート)

出典 : https://www.ikurangi.com/

テントタイプと言っても中はとても充実しているので、何も心配はありません。

高級リネンのスーパーキングベッドから、豪華なワッフル服、屋外ラウンジ家具を備えた大きな木製デッキエリア、プライベート屋外温水シャワーなど必要なものは揃っています。

Ikurangi Eco Retreat(イクランギエコリトリート)

出典 : https://www.ikurangi.com/

広々としたプライベートエリアでのBBQなんてどうでしょう。

島の自然の美しさを堪能しながら、リラックスし充実したひと時を過ごせるはずです。

Ikurangi Eco Retreat(イクランギエコリトリート)

出典 : https://www.ikurangi.com/

さらに、夜でも利用可能なプールもとてもおしゃれ。

地元産のオーガニックフルーツ、シリアル、職人によるトロピカルな料理にアルコールでいつもと違った“気持ちのよい酔い”も提供してくれるはずです。

ホテルでは、シュノーケリング用品や自転車の無料貸し出しがあるのでサイクリングで島を巡ったり、お気に入りのビーチを探したりアクティブに過ごしたい方たちにおすすめです。

名称 Ikurangi Eco Retreat
所在地 Titama Rd, Matavera District, クック諸島(Google map
公式サイト https://www.ikurangi.com/

クック諸島への行き方は?

クック諸島、ラロトンガ島へは日本からの直行便はありませんので乗り継ぎが必要です。

日本から行くとは、ニュージーランド航空のオークランド乗り継ぎがとても便利。

成田からニュージーランドのオークランド空港まで約11時間、オークランドからクック諸島までは約4時間となっており、乗り継ぎ時間も計算に入れると1日はかかってしまう計算です。

そのため、ラロトンガ島を満喫するのなら、最低でも4泊くらいはできるツアーなどで行くと思う存分楽しむことができるはずです。

その美しさから「太平洋の真珠」と称されるクック諸島。人生に一度は行ってみたいそんな魅力的な島です。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、南太平洋の国クック諸島の主島「ラロトンガ島」にある、「Ikurangi Eco Retreat(イクランギ エコ リトリート)」の魅力について紹介してきました。

クック諸島には、手付かずの自然がそのまま残っているため、「最後の楽園」「秘密の楽園」とも言われている最高の島です。

あまり知られていないデスティネーションですが、タヒチなどに引けをとらない魅力がいっぱいあるリゾート地なので是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか。