琵琶湖にひっそりと佇む奥琵琶湖マキノグランドパークホテル

琵琶湖は滋賀県の1/6を占める日本一の巨大な湖で、1,000種類を超える動植物が生息する自然豊かな場所です。

琵琶湖の周囲には観光名所が沢山あり、キャンプ場やホテルが軒を連ねています。

今回は奥琵琶湖マキノグランドパークホテルについてご紹介します。

もくじ

奥琵琶湖の景観を満喫 マキノグランドパークホテル

奥琵琶湖マキノグランドパークホテル

出典 : http://www.gphotels.jp/facility/

奥琵琶湖は琵琶湖の中でも水質が良く、透き通る透明度があります。

奥琵琶湖マキノグランドパークホテルはそんな綺麗な琵琶湖の湖畔にあります。

松林に囲まれたホテルは、日常を忘れて非日常を満喫するあなたを優しく包み込んでくれる雰囲気を醸し出しています。

春は桜並木、夏は豊かな緑、秋は紅葉、冬は雪景色と四季折々の景色を琵琶湖と共に楽しめるホテルです。

琵琶湖と四季ならではの魅力を感じたいのなら、奥琵琶湖マキノグランドパークホテルへの宿泊をオススメします。

客室もこだわりがあり、木をメインに作られたログハウス風の雰囲気は木の温もりを感じられるお部屋となっています。

こだわりの部屋を詳しく見てみましょう。

奥琵琶湖マキノグランドパークホテルの客室

客室

出典 : http://www.gphotels.jp/room/

奥琵琶湖マキノグランドパークホテルの客室は、木の魅力を取り入れられた落ち着ける空間で安心感と安らぎを与えてくれます。

ログハウスのような安心感と高級ホテルのラグジュアリー感をひしひしと感じる造りとなっています。

奥琵琶湖マキノグランドパークホテルの最大の魅力は何と言っても部屋から琵琶湖を眺められることです。

窓から見える琵琶湖は四季によってその姿を変えるため、いつ訪れても驚きと感動をあなたに与えてくれるでしょう。

美しい琵琶湖を眺めながら過ごす時間は旅の思い出に色濃く残ること間違いなし。

木の温かさに包まれた快適な空間で日々の疲れ、旅の疲れを癒してみてはいかがでしょうか。

滋賀の恵みを満喫

料理

出典 : http://www.gphotels.jp/restaurant/

旅の楽しみと言えばお食事ですよね。

その土地ならではのものを味わうのは、まさに旅の醍醐味です。

奥琵琶湖マキノグランドパークホテルのレストランでは、日本海で獲れた海の幸や比叡山系の清水が育てた近江米など、こだわった食材を和洋折衷料理として提供しています。

ご自身のプランに合わせて3種類のコースメニューとお子様用のコースメニューもあるので、小さいお子様連れのご家族でも心置きなく食事をお楽しみいただけます。

このレストランからは琵琶湖の美しい景色を一望でき、天気のいい日には渡り鳥を観測することもできます。

時間がゆっくりと流れるレストランで、琵琶湖の美しい景色を眺めながら話に花を咲かせてみてはいかがでしょうか。

意外と知られていない琵琶湖のプライベートビーチ

プライベートビーチ

出典 : http://www.gphotels.jp/facility/

みなさんは夏に泳ぎに行くと言えばプールか海ですよね。

でも滋賀県民は夏になると琵琶湖のビーチを満喫しています。

綺麗な水質で海水のように塩辛くもないですし、潮の流れがないため小さいお子様でも流される危険性はほとんどありません。

奥琵琶湖マキノグランドパークホテルの目の前にはプライベートビーチがあり、ホテルに宿泊の方だけが楽しめるようになっています。

このプライベートを含む周辺沿岸部は「重要文化的景観」に選定されるほど美しい景観となっていて、奥琵琶湖マキノグランドパークホテル自慢の場所です。

泳いで楽しむのも十分魅力的ですが、せっかくなので普段は体験出来ないことを体験したいですよね。

そんな冒険好きの方にオススメなのが「Stand Up Paddle(スタンドアップパドル)」です。

サーフボードよりも大きく安定感のあるボードに乗って水上から琵琶湖を楽しめます。

パドルを使って漕ぐので初めての方でも簡単に楽しむことができますし、ライフジャケットを着用するので深い場所、泳げない人でも安心です。

海とちがって波のない琵琶湖だからこそ出来る遊びを楽しんでみてはいかがでしょうか。

奥琵琶湖でグランピング

グランピング

出典 : http://www.gphotels.jp/activity/

大自然を満喫できるグランピングも奥琵琶湖マキノグランドパークホテルでお楽しみいただけます。

奥琵琶湖マキノグランドパークホテルのグランピングテントは、ロータスベルと言われる蓮のような可愛い形のベルテントを採用しています。

丸みのある形はテント内を広々と活用し見た目も可愛くなっていて、生地はコットン幕なので夜に明かりを灯すと優しい光に包まれます。

国内でロータスベルテントを採用しているグランピング施設は数が少なく、インスタ映えすること間違いなしです。

テント内もビーチリゾートをイメージ、上品でエキゾチックなモロッコの宮殿をイメージしているものなど内装にも力を入れています。

まさにキャンプとホテルが融合したグランピングならではの楽しみです。

夜のお食事はキャンプならではのバーベキュープラン。

いつもはめんどくさい準備、後片付けも全てスタッフが行ってくれるので、お手を煩わせません。

テントのすぐ横でバーベキューを楽しめるので面倒な移動もございません。

琵琶湖の自然の中で火を囲みながらみんなで楽しむバーベキューは、まさにここでしか体験できないことです。

天気が良ければ夕日に照らされる琵琶湖を見ながら食事をお楽しみいただけます。

朝食はバスケットでご用意するので、ビーチサイドやテント内、ホテルのラウンジなどご自身の好きな場所でお楽しみいただけるようになっています。

小さいお子様連れのご家族でも場所を選ばず食事ができますので、小さい子供がいて周りの迷惑になるからとキャンプやホテルへの宿泊を諦めていた方でも安心です。

カップルの方も琵琶湖のプライベートビーチで二人だけで楽しむ朝食は、とても特別なものとなるでしょう。

名称 奥琵琶湖マキノグランドパークホテル
所在地 〒520-1812
滋賀県高島市マキノ町西浜763-2(Google map
公式サイト http://www.gphotels.jp/

奥琵琶湖マキノグランドパークホテルまとめ

いかがでしたか?

今回は奥琵琶湖マキノグランドパークホテルについてご紹介しました。

奥琵琶湖マキノグランドパークホテルの客室はロッジと高級ホテルが融合したような雰囲気が特徴のホテルです。

窓から見る琵琶湖はまさに絶景で、宿泊した人を魅了しています。

プライベートビーチもありますので、人混みが苦手で海水浴やプールに行けないという人でも泳ぎを楽しむことができます。

さらに何と言っても今話題のグランピングまで楽しむことができます。

いつもと違った体験をしてみたい人はぜひともグランピングをお楽しみください。