フランスの田舎でゆったりと♪キャンプスポットをご紹介

日本ではさまざまなグランピングが行われており、私たちはゆったりとした休日を送れるチャンスを満喫することができています。

でもたまには、ちょっと違ったゆったり感を味わいたくないですか?

この記事ではモンテイユに注目し、あなたがイメージしやすいようにご紹介していきます。

あなたがモンテイユに行った場合、どんな気持ちになれるのか?どんな景色を見ることができるのか?

今回はチャーリーとオコナー管理する、モンテイユのグランピングに注目しご紹介していきます。

あなたがイメージしやすいよう、あなた目線で書いていくので、ぜひ最後までご覧ください。

もくじ

ぜひおすすめしたいモンテイユでのグランピング

森林

もしあなたがチャーリーとオコナーが管理する、モンテイユのグランピングを訪れたら1番最初に目にするのが、屋外キッチン、白いキノコのようなドーム型の建物、新しく植えられたばかりの野菜庭園が目に入るでしょう。

食事は風通しのいい屋外で行われるので、とても開放感に包まれながら食事をすることができます。

大きなグリルがあるので、そこで肉をあぶるなどすると絶品ですよ。シャワーを浴びた後、大きなベッドで眠ると快眠できます。

周りは森林に囲まれているので緑を見ながら、ゆったりとした休日を過ごすことができます。

都会の空気に疲れた人はぜひ訪れてみたい場所といえますね。

チャーリーとオコナーがこのグランピングを始めたきっかけ

2人は元々海軍の戦闘機パイロットでした。やがてパイロットをやめることを決意した2人が思いついたのは、農地で人々がのどかに過ごせるような場所を作ることでした。そのために彼らは必死に働きました。

納屋の崩れた瓦礫を利用し屋外キッチンを作り、3頭の豚の助けを借りて邪魔な茨を退けるなど、理想的なグランピングを成し遂げるために努力をしたんです。

そういった2人の努力のおかげで、このグランピングが成り立っています。そう思うととてもありがたみを感じますね。

モンテイユならではの面白さ

牛

モンテイユは美しい自然と神秘的な建物が共存する、独特の雰囲気を持った場所です。

モンテイユといえば牛が有名ですが、他にもオオカミやイノシシなどさまざまな生き物に会うことができるんですよ。

モンテイユは独特の味わいがある場所です。例えば美しい石畳が敷き詰められた広場や、その上に立つ荘厳な教会、リラックスできるバーなど魅力的なスポットがたくさんあります。

モンテイユでグランピングをする際の注意点

モンテイユでグランピングをする場合、注意が必要な点があります。それは動物たちに遭遇してしまうリスクです。

特にオオカミには注意が必要だといえるでしょう。

モンテイユから車で15分ほどのシャブリエールの森では、たびたびオオカミが見かけられ注意が必要な場所となっています。

もちろん、安全対策を取ることが可能なので、ゆったりとオオカミたちを見ることも可能です。

ちなみにチャーリーとオコナーが管理するグランピングでも、イノシシ程度なら見かけることがあるとのことです。

イノシシは怒らせると結構怖いので、気を付けるようにしましょう。

モンテイユならではのメリット

田園

モンテイユではその地形ならではのメリットがあります。グランピングをするうえで大切なのは、ゆったりと自分だけの時間を過ごすことですよね。

その点を注目すると、モンテイユでのグランピングはメリットが高いんです。

モンテイユには大きな集落などがなく、散居村といわれる家が点々とした土地となっています。

そのため人口が全体を通して190人ほどと少なく、大きな都市のように騒がしい思いをすることがありません。

また、田園地帯のため目立つ大きな建物も少なく、安心して自然を楽しむことができるんです。

これってとても大きなメリットではありませんか?

大都市のように大きな騒音を感じることがありませんし、人の目を気にして緊張することもありません。これはリラックスするうえでとても大切なことです。

また人が少ないため動物たちが生き生きとしています。私たちは動物たちの自然な姿を、まじかで見ることができるんですよ。

とにかく自然を楽しみたい人にとって、モンテイユは理想的な場所といえるでしょう。

日々の忙しい時間を忘れて田舎でゆったり

私たちは日々さまざまなストレスにさらされています。騒音や人間関係など目につくものが多いところほど、知らず知らずのうちにストレスをため込んでしまっているんです。

そのため時にリセットを行い、自然のものしか目に入らない生活をする必要があります。

モンテイユでのグランピングは、そんな私たちにとって必要なあらゆる条件がそろっています。

ぜひこの記事でモンテイユに興味が出た方は、グランピングを検討していただけると幸いです。無機物が目に入らない生活を楽しんでみませんか?