ぶどうの樹・杜の七種(もりのななくさ)のスロー・ラグジュアリーな空間

ぶどうの樹・杜の七種(もりのななくさ)は、ここにしかないスロー・ラグジュアリーな時間過ごせる宿泊施設です。

4つのコテージには、空を眺めながら入る庭風呂が完備されおてり、4棟の平屋建て「離れ」タイプの部屋は、グループやご家族で滞在するのに十分な広さの部屋に内風呂が完備されています。

福岡市の中心部である天神からも、九州の玄関口である小倉からも車で約60分とアクセスも良好。

リゾート内には、まさに、スローラグジュアリーを体現した空間が広がっています。

4つのコテージは高い天井のツインベッド。

広々としたテラスに露天ジャグジー風呂がついています。

カップルや2〰3名での利用におすすめです。

2019年には、ワンランク上の贅沢な浴場がついた一棟離れのお部屋「紫苑」が誕生。

5〰6名が入れる家族湯のジャグジーに、ミストサウナ付きの2つの浴室を備えるなど、かなりラグジュアリーなお部屋です。

この記事では、そんなスローラグジュアリーを実現するぶどうの樹・杜の七種について詳しく紹介していきます。

ぶどうの樹 杜の七種とは

ぶどうの樹 杜の七種外観

出典:https://tabiiro.jp/lpimg/yado/101872/main/img1.jpg

福岡県遠賀郡の広大な8,000坪の敷地に佇むぶどうの樹 杜の七種は、スローリゾートぶどうの樹の敷地内にある宿泊施設です。

ラグジュアリーなツインベットのテラスタイプにグループや家族で泊まれる離れの客室など、バリエーション豊かな宿泊施設が充実しています。

趣が異なる7つの客室はすべて離れで、リゾート気分を味わえるジャグジーも完備。

セレクトタイプの夕食に朝食もブランチに変更できるプランも。

地元の海山の幸を盛り込んだ料理や、岡垣町の果物を使ったスイーツなどが愉しめる3カ所のレストランが自慢です。

ぶどうの樹 杜の七種はホテルと旅館のいいところが一体となった、充実の宿泊施設となっています。

週末には結婚式やパーティーが開催されることも。

以下では、そんなぶどうの樹 杜の七種の魅力を詳しく紹介していきます。

ぶどうの樹 杜の七種の魅力

ぶどうの樹 杜の七種

出典:https://www.morinonanakusa.jp/img/miryoku2.jpg

ぶどうの樹・杜の七種の魅力はなんと言ってもラグジュアリーなお部屋にあります。

全室ジャグジーが完備され、アメニティも充実。

夕食も様々なレストランのなかから選ぶことができ、少し足を伸ばせば、地元でとれた新鮮な魚介類を堪能することも可能です。

山の恵みと海の恵みを同時に堪能することができるのは、この地域ではぶどうの樹・杜の七種だけです。

以下では、ぶどうの樹・杜の七種の魅力を徹底的に紹介していきます。

ぶどうの樹 杜の七種の客室

ぶどうの樹 杜の七種

出典:https://tabiiro.jp/book/_yado/101872/gensen/images/point/img1.jpg

ぶどうの樹 杜の七種の部屋はすべて離れ。

それぞれ異なった趣向が凝らされた7つの部屋が緑豊かな敷地の中に点在するリゾート空間です。

完全にプライベートな空間を満喫できます。

全室温度調節可能エアコン付きで、レインシャワー、シャワートイレを完備。

全室にラグジュアリーなジャグジーも完備されています。

アメニティも充実。

各部屋には以下のようなアメニティが置いてあります。

バスタオル・寝巻き・タオル・フェイスタオル・歯ブラシ・シャンプー・リンス・ボディソープ・ヘアブラシ・綿棒・コットン・シェイバー・ドライヤー・浴衣・舟前・足袋・スリッパ。

各部屋の定員も2名様から8名様までと様々で、カップルから家族連れまで、利用の仕方も自由自在。

それぞれの客室は、広さにゆとりがある造りで、庭もつくなど、まるで別荘のような雰囲気です。

まさに、スロウラグジュアリー。

それでは、もっと具体的にぶどうの樹 杜の七種のラグジュアリーな客室を一部紹介しましょう。

アジアンリゾート風の客室「あぢさい」

あぢさい

出典:https://tabiiro.jp/lpimg/yado/101872/guestroom/img1.jpg

「あぢさい」は、真っ白な床にシックな色合いのしつらえが施されたアジアのリゾートを彷彿させる部屋です。

ガーデンバスのジャグジー風呂がある部屋なので、日本にいながら海外の高級リゾートに来たような感覚になること間違いなし。

ラグジュアリーなお部屋でスロウな時間を過ごせます。

ゆったりと寛げる客室「二人静」

二人静

出典:https://tabiiro.jp/lpimg/yado/101872/guestroom/img2.jpg

「二人静」は、天井には存在感のある梁があり、季節を感じられるお庭を見ながら、ゆっくりと寛げる部屋です。

季節の流れを感じたい人に是非おすすめしたいお部屋となっています。

季節を問わず木の木漏れ日から優しい光を感じられる部屋で、木の温もりを感じられると大変人気のある部屋です。

定員が4名の部屋なので、3名以上で利用するときは小上がりに布団を敷いてくれます。

プライベート感のある客室「かきつばた」

かきつばた

出典:https://www.morinonanakusa.jp/php/rimg.php?f=kakitsubata02.jpg&w=680

「かきつばた」は、モダンなイメージにこだわったしつらえが特徴となっています。

プライベート感覚で贅沢な空間を満喫できる部屋です。

木製の家具などを配した贅沢な客室となっています。

明るく開放感あふれる客室「河きはぎ」

河きはぎ

出典:https://www.morinonanakusa.jp/php/rimg.php?f=20181002150954.jpg&w=680

「河きはぎ」は、明るく開放感のある空間が自慢の部屋です。

自然の光が、お部屋とお庭を優しく包み込んでくれます。

木の温もりを感じるインテリアの部屋に広々としたベッドが2台設置されています。

3名での利用も可能なお部屋です。

別荘のような雰囲気の客室「ふじ袴」

ふじ袴

出典:https://www.morinonanakusa.jp/php/rimg.php?f=main_fuji.jpg&w=680

「ふじ袴」は、ウッドデッキのジャグジー風呂、縁側のある和室、ベットルームに談話室もあり、別荘のような感覚で、ゆったりとした時間を過ごせる部屋です。

広々としたリビングルームや、ダブルベッドが2台のツインルーム、縁側がある17.5畳の和室、ウッドデッキのジャグジー風呂など贅沢な設えがとても好評な部屋となっています。

最大8名で利用することができるので、人数の多いグループでの利用も可能です。

ぶどうの樹・杜の七種の食事の魅力

ぶどうの樹・杜の七種レストラン

出典:https://www.morinonanakusa.jp/php/rimg.php?f=dinnertop1.jpg&w=1200&h=600

ぶどうの樹・杜の七種にはレストランが4つもあります。

自分の好みに合わせて好きなジャンルからレストランをチョイス。

創作懐石料理が楽しめる「野々庵」、焼き肉が楽しめる「ぶどう苑」、2014年リニューアルオープンした「森のレストラン」、新鮮な魚介が楽しめる「鮨屋台」。

思い出に残る時間を過ごせること間違いなしです。

旅の気分に合わせて、夕食をとる場所を選べます。

野々庵では、すぐ近くの畑や地元の食材をふんだんに盛り込んだ夕食を味わえます。

一方、ぶどう苑では、地元野菜とボリューミーなお肉を楽しめるのが魅力です。

森のレストランは、ぶどうの樹 杜の七種のなかでも人気のレストラン。

岡垣の旬のお野菜を使った前菜お花畑オードブルなど、気取らない時間を過ごせるのが魅力です。

最後に紹介する鮨屋台は、目の前に広がる玄界灘を眺めながら食べられる波津前鮨が自慢のお店。

杜の七種から車で3分の海エリアまで足を運んで贅沢な時間を過ごせます。

ぶどうの樹・杜の七種の館内には、スイーツや自家製パンなどが人気の土産処もあり、旅の思い出に持ち帰ることが可能です。

地元の果物を使ったスイーツや、自家製のパンなどが人気です。

旅の思い出を大切な人とシェアする、ギフトとしても利用できます。

杜の七種の基本データ

名称 杜の七種
住所 福岡県遠賀郡岡垣町大字手野183
電話番号 0120-489-806
予算目安 32,000円~

まとめ

ぶどうの樹・杜の七種は、思い出に残るひと時を演出してくれる宿泊施設です。

スロー・ラグジュアリーをテーマとしており、各部屋が離れているのでプライベートな空間で思い切り旅を楽しめます。

各部屋には庭風呂やジャグジーなどがそれぞれ設置されているので、かなり贅沢な時間を過ごすことが可能です。

もちろん、グルメも充実。

様々なジャンルのレストランのなかから、気分によって食事をチョイスできます。

ここにしかないスローラグジュアリーな時間を過ごしたいと思う方に是非おすすめしたい宿泊施設です。